Show Menu
トピック×

Data Warehouse セグメントの互換性

セグメントビルダーで作成するすべてのセグメントが Data Warehouse と互換性があるとは限りません。サポートされる機能を次の表に示します。
Analysis Workspace、Reports & Analytics、Ad Hoc Analysis Data Warehouse
除外 あらゆるレベルでサポート。 トップレベルの特殊なケースでのみサポート。
順次セグメント サポート。 サポートなし。
AND と OR の無制限の結合 サポート。 一部制限。の呼び出しの後におこなわれる場合です。表の*note*を参照。
コンテナのネスト サポート。 一部制限(スコープを狭くする必要があります。例えば、訪問者はヒットを含めることができるが、その逆はできません)。
ディメンション セグメントビルダーの 定義 フィールドにディメンションをドラッグ&ドロップして、プロトコルの互換性を調べます。例えば、次のディメンションは、Analysis Workspace、Reports & Analytics および Ad Hoc Analysis でのみサポートされます。
  • 入口サーバー
  • 入口カテゴリ
  • エントリ日
  • すべての検索ページのランク
セグメントビルダーの 定義 フィールドにディメンションをドラッグ&ドロップして、プロトコルの互換性を調べます。例えば、次のディメンションは、Data Warehouse でのみサポートされます。
  • IP アドレス
  • ページ URL
  • 訪問者 ID
  • Experience Cloud 訪問者 ID
次のディメンションは、Data Warehouse セグメントでは使用 できません
  • すべての検索ページのランク
  • 午前 / 午後
  • 月間通算日
  • 曜日
  • 年間通算日
  • 入口ビジネスユニット
  • 入口(「入口ページ」を除く、「入口」で始まるすべてのディメンション)
  • 出口(「出口リンク」および「出口ページ」を除く、「出口」で始まるすべてのディメンション)
  • 階層(「階層」で始まるすべてのディメンション)
  • ヒットの深さ
  • ヒットタイプ
  • 時刻
  • 年間通算月
  • エラーページ (404)
  • 有料検索
  • 四半期
  • 再来訪頻度
  • 直帰数
  • イベント前の時間
  • ページでの滞在時間 - グループ
  • 訪問別滞在時間 - グループ
  • トラッキングオプトアウト理由
  • 米国の州
  • 平日 / 週末
セグメントの積み重ね サポート。 サポートなし。
*注意:Data Warehouseでは、を使用する場合に、またはコンテナを使用する場合に、すべてのケースをサ exclusion ポート without するわけではありませ AND/OR ん。 このような組み合わせを使用する場合、 A AND NOT B ,として書き直すことのできる​**(またはこの特性を含みこの特性を除外する)* セグメントのみがData Warehouseでサポートされます。