Show Menu
トピック×

コンバージョン

顧客行動の包括的、正確、詳細な分析結果を提供します。キャンペーン管理、販売サイクル、顧客フォールアウト、顧客コンバージョンなどの指標を使用すると、電子商取引、販売元、宣伝効果、顧客忠誠度、その他様々な項目についての評価が可能になります。
例えば、購入につながったホームページ上の内部キャンペーンのタイプを知るには、まず、内部トラッキングコードを取得すると共に、内部キャンペーンを取得する s.eVar ​の持続性を 1 回の訪問期間に設定する必要があります。成功イベント(購入など)が完了すると、その成功の原因は、訪問者の持続的なコンバージョン変数(内部キャンペーン IDなど)に結び付けられます。内部キャンペーンレポートを実行すると、最も多くのオンサイトコンバージョンを生成したキャンペーンを表示できます。
既成のレポートの一部には、トラフィック変数とコンバージョン変数の両方が含まれています(検索エンジンレポートなど)。ただし、トラフィックレポートおよびコンバージョンレポートはお客様の組織に固有であり、 トラフィック ​メニューおよび​ コンバージョン ​メニューに表示されます。
レポートプロパティ
  • カスタムコンバージョンレポートは eVar(コンバージョン変数)に基づいています。
  • コンバージョン変数は、ページビューの完了後も持続でき、指定した有効期限内で指標と関連付けることができます。
  • レポートのデフォルト指標は売上高です。デフォルト指標を変更する方法については、 デフォルトのレポート指標の選択 を参照してください。
  • これらのレポートをトレンドとランクの両方の形式で表示します。
  • これらのレポートで分類を使用すると、行項目の名前変更や統合ができます。
  • 基本的な下位関係が有効であれば、これらのレポートは以下のもので分類できます。
    • キャンペーンと製品、およびすべての関連する分類
    • 顧客の忠誠度
    • 完全に下位副関連付けされたすべての eVar
  • 完全な下位関係が有効であれば、以下のもので分類する追加のレポートを使用できます。
    • 訪問別滞在時間
    • ページとサイトセクション、およびすべての関連する分類
    • 入口ページ
    • ほとんどすべてのトラフィックソースレポート
    • 訪問回数
    • 多数の訪問者プロファイルおよび技術レポート
    • 他のすべての eVar
    • マーケティングチャネルのファーストタッチとラストタッチ
  • 以下のイベントを指標として使用できます。
    • インスタンス、eVar が定義された回数
    • e コマースのすべての標準的な指標:売上高、注文件数、数量、買い物かご数、買い物かごの表示回数、チェックアウト数、買い物かごへの追加数、買い物かごからの削除数。
    • すべてのカスタムイベント:イベント 1 ~ 80(H22 コード以上では、さらにイベント 80 ~ 100)
    • 訪問回数と訪問者数:組織とレポートスイートに応じて利用可能です。詳細については、アカウントマネージャーにお問い合わせください。
  • それぞれのカスタムコンバージョンレポートの場所は、eVar の割り当て数値によって異なります。通常は、カスタムコンバージョンフォルダー(メニューがカスタマイズされていない場合)にあります。