Show Menu
トピック×

顧客属性

顧客属性に関する Analytics の FAQ と顧客属性レポートの実行方法です。
レポート /訪問者プロファイル 客属性
エンタープライズ顧客データを顧客関係管理(CRM)データベースに取り込んでいる場合は、そのデータを Experience Cloud の顧客属性データソースにアップロードできます。データがアップロードされると、Reports & Analytics の顧客属性レポートを実行できます。
顧客属性データのアップロードについて詳しくは、Experience Cloud ヘルプの 顧客属性 を参照してください。

Analytics の顧客属性とレポート指標

顧客属性をアップロードし、(Experience cloudで)スキーマを検証した後、属性文字列と整数にマップしたわかりやすい名前( age またはな gender ​ど)に基づいて指標が作成されます。 These metrics appear in Visitor Profile > Customer Attributes reports.
次に例を示します。
訪問者プロファイル / 顧客属性 /年
例 - 年齢指標
文字列を age , the system creates the following metrics and dimensions:
  • 年齢ディメンション:年齢属性に基づいてレポートを実行できます。
  • 年齢指標:個別訪問者数レポートなどのレポートに追加できる指標です。
  • 年齢の数指標:例えば、訪問者がフォームで​ age ​の値を指定しているかどうかを把握できます。
指標は、レポート表の概要なので、平均年齢を示す 計算指標を作成する 必要があります。The formula for this metric is Age / Count of Age .

FAQ - Analytics の顧客属性

質問 回答
propまたはeVarに顧客IDを入力する代わりに、IDサービスを使用して顧客IDを設定する方がよいのはなぜですか。
IDサービスを使用すると、次のような多くの利点があります。
  • Customer IDをIDサービスと共に設定しない場合、顧客レコードはAdobe Analyticsでのみ使用できます。 顧客レコードをリアルタイムターゲティングに使用する場合は、IDサービスを使用する必要があります。
  • IDサービスを使用して顧客IDを設定すると、IDをExperience cloudと同期するのにかかる時間が短縮されます。 顧客 ID を prop または eVar に入力すると、顧客 ID は、バッチで発生するバックエンドサーバー同期を通じて Experience Cloud に送信されます。IDサービスは、すぐに顧客IDをExperience cloudと同期します。
  • propやeVarの代わりにIDサービスを使用すると、そのpropやeVarを解放して他の用途に使用できるようになります。
既に顧客 ID を prop または eVar に保存している場合、prop や eVar を CRM 属性で分類する代わりに、この新しい機能を使用する理由は何ですか
prop および eVar は、「超過したユニーク数」の制限を受けます。この機能を使用することで、属性データを導入でき、顧客 ID に制限がなくなります。また、prop/eVar 方式の場合は、CRM 情報が利用できるのは Analytics のみに限られます。
CRM 属性は Adobe Analytics ではどのように見えますか。
CRM 属性は、Analysis Workspace、Reports & Analytics、Ad Hoc Analysis、レポート API および Report Builder で利用可能です。テキスト属性がレポート/ディメンションとして表示されます。数値属性がディメンションおよび指標として表示されます。
CRM データは、Data Warehouse およびデータフィードで使用できるようになりますか。
現在、CRM データは、Data Warehouse または Analytics データフィードで使用できません。