Show Menu
トピック×

マーケティングチャネルの詳細 — ファーストタッチとラストタッチ

これらのレポートにより、サイトに対して最も大きな影響を与えた特定のキャンペーンまたはキーワードについてインサイトを得ることができます。このレポートを使用すると、チャネル全体に関係なく、成功指標と売上高を様々なチャネルの詳細に配分できます。例えば、特定の有料検索キーワードと電子メールキャンペーンとの比較を確認できます。 マーケティングチャネル概要レポートとは異なり、このレポートは標準レポートと似ています。

レポートのプロパティ

  • このレポートは、マーケティングチャネルで定義されたルールで実行されます。 チャネルとルール を参照してください。
    特に、レポートでは各ルールの一 Set the channel's value to 部が使用されます。 これらのルールまたはチャネルの値をどのように設定するかを変更すると、このレポート内のデータを計算する方法が変わります。詳しくは、マーケティングチャネルの処理ルールの FAQ を参照してください。
  • Differences between First and Last Touch are located in About Marketing Channel Reports .
  • 処理ルールの順序は、マーケティングチャネルの機能にとって重要です。それぞれのヒットでは最初に最上部の処理ルールの条件がチェックされ、そこから下に絞り込まれます。
  • このレポートは、トレンドおよびランクの両方のフォーマットで表示できます。
  • このレポートでは、検索フィルターを使用して特定の行項目を見つけることができます。
  • 標準の方法で収集された様々なチャネルに加えて、 オフラインデータソース も使用できます。
  • このレポートで 分類 を使用すると、行項目の名前変更や統合ができます。マーケティングチャネルについて詳しくは、 ここ を参照してください。
  • 他のすべてのマーケティングチャネルレポートにより、このレポートを掘り下げることができます。
  • このレポートでは以下の指標を使用できます(組織とレポートスイートの設定に応じて異なります)。
    • クリックスルー: s.campaign 変数が定義された回数。
    • 新規エンゲージメント:新規ファーストタッチチャネルを受け取った訪問者の数。
    • e コマースのすべての標準的な指標:売上高、注文件数、数量、買い物かご数、買い物かごの表示回数、チェックアウト数、買い物かごへの追加数、買い物かごからの削除数。
    • すべてのカスタムイベント:イベント 1 ~ 80(H22 コード以上では、さらにイベント 81 ~ 100)。
    • 訪問回数および訪問者数:使用できるかどうかは、組織およびレポートスイートに依存します。詳細については、アカウントマネージャーにお問い合わせください。 See Metrics in Marketing Channel Help.