Show Menu
トピック×

トラッキングコード

様々な広告トラッキングコードがサイトの様々なコンバージョンイベントにどのように影響を及ぼすかを測定します。このレポートを使用すると、様々な成功イベントでパフォーマンスが優れている特定のキャンペーンを測定したり、サイトのイニシアチブにとってプラスまたはマイナスになっているキャンペーン(例えば、最大の売上高を生成しているキャンペーン)を識別したりできます。
一般的なプロパティ
  • このレポートは、Web サイトで実装された s.campaign 変数からデータを直接参照します。
  • このレポートが基づいている変数は、 コンバージョン変数 です。つまり、これはページビューの完了後も持続でき、指定した有効期限内で指標と関連付けることができます。
  • このレポートのデフォルト指標は売上高です。このデフォルト値は、管理ツールにある Report Suite Manager で変更できます( 設定の編集 個々のレポートスイートの設定 デフォルトの指標 。)
  • このレポートは、トレンドおよびランクの両方のフォーマットで表示できます。
  • このレポートでは、検索フィルターを使用して特定の行項目を見つけることができます。
  • キャンペーンおよびクリエイティブエレメントレポートはこのレポートに基づく分類であり、各レポートスイートによって自動的に作成されます。
  • SAINT 分類をこのレポートで使用すると、行項目の名前変更や統合ができます。
  • このレポートは、以下のレポートによって分類できます(組織とレポートスイートの設定によって異なります)。
    • 訪問別滞在時間
    • ページとサイトセクション、およびすべての関連する分類
    • ページの深さ、入口ページ、およびオリジナルの入口ページ
    • ほとんどのトラフィックソースレポート
    • 訪問回数および顧客の忠誠度
    • 多数の訪問者プロファイルレポートと技術レポート(地理特性を除く)
    • すべてのカスタムコンバージョン変数
  • このレポートでは以下の指標を利用できます(組織とレポートスイートの設定に応じて異なります)。
    • クリックスルー: s.campaign 変数が定義される回数
    • e コマースのすべての標準的な指標:売上高、注文件数、数量、買い物かご数、買い物かごの表示回数、チェックアウト数、買い物かごへの追加数、買い物かごからの削除数。
    • すべてのカスタムイベント:イベント 1 ~ 80(H22 コード以上では、さらにイベント 80 ~ 100)
    • 訪問回数および訪問者数:使用できるかどうかは、組織およびレポートスイートに依存します。詳細については、アカウントマネージャーにお問い合わせください。
Reports & Analytics のプロパティ
  • このレポートを見つけるには、 コンバージョン キャンペーン トラッキングコード ​をクリックします(メニューがカスタマイズされていない場合)。
  • すべての リスト変数 によって、このレポートを掘り下げることができます。
  • ページビュー数、訪問回数、および実訪問者数は指標として使用できます。
  • このレポートではセグメントを使用できます。
Ad Hoc Analysis のプロパティ
  • すぐに使用できるほとんどのコンバージョン変数に加え、レポートインターフェイス内の他のすべてのレポートによってトラッキングコードレポートを分類できます。
  • e コマースおよびカスタムイベントに加えて、すべてのコンバージョンおよびトラフィック指標を利用できるほか、すべてのコンバージョン指標について様々な配分を使用できます。
  • このレポートではアドバンスセグメントを使用できます。