Show Menu
トピック×

仮想レポートスイートの作成

仮想レポートスイートの作成を始める前に、以下に注意してください。
  • 仮想レポートスイートマネージャーは管理者ユーザー以外には表示されません。
  • 仮想レポートスイートは共有できません。「共有」するには、グループや権限を使用します。
  • 仮想レポートスイートマネージャーには、自分が所有する仮想レポートスイートのみが表示されます。他のユーザーの仮想レポートスイートを表示するには、「すべて表示」をクリックする必要があります。
  1. /に移動 Components します Virtual Report Suites
  2. クリック Add + .
  3. 以下のフィールドを設定します。
要素 説明
名前
仮想レポートスイートの名前は親レポートスイートから継承されません。別の名前を指定する必要があります。
説明
ビジネスユーザーにとってわかりやすい説明を追加します。
タグ
タグを追加してレポートスイートを整理できます。
グループ
この VRS へのアクセスを許可する権限グループを選択します(グループ権限は、 管理者 ユーザー管理 グループ からも管理できます)。
親レポートスイート
レポートスイートはこの仮想レポートスイートから次の設定を継承します。ほとんどのサービスレベルと機能(eVar 設定、処理ルール、分類など)を継承します。VRS の継承設定を変更するには、親レポートスイートを編集する必要があります( 管理者 レポートスイート )。
タイムゾーン
タイムゾーンの選択はオプションです。
選択したタイムゾーンは VRS と共に保存されます。タイムゾーンを選択していない場合は、親レポートスイートのタイムゾーンが使用されます。
VRS の編集時には、その VRS と共に保存されたタイムゾーンがドロップダウンセレクターに表示されます。タイムゾーンのサポートが追加される前に作成された VRS の場合は、その親レポートスイートのタイムゾーンがドロップダウンセレクターに表示されます。
セグメント
セグメントは、1 つだけ追加することも、 積み重ねることもできます
注意:2 つのセグメントを積み重ねると、それらのセグメントが AND ステートメントで結合されます。これを OR ステートメントに変更することはできません。
仮想レポートスイートで現在使用中のセグメントを削除または編集しようとすると、警告が表示されます。