Show Menu
トピック×

データ列リファレンス

このページを使用して、各列に含まれるデータを確認します。 ほとんどの実装ではすべての列を使用していないので、データフィードのエクスポートに含める列を決定する際に、このページを参照できます。
任意の列(例えば255文字と定義されている列)に対して、文字列にエスケープする文字が追加されたため、データフィードは追加の文字を送信できます。 導入で文字制限を超える値が定期的に送信される場合は、これらの余分な文字に注意してください。

列、説明、データタイプ

ほとんどの列には、プレフィックスが付いた同様の列が含まれま post_ す。 post 列には、サーバー側ロジック、処理ルール、VISTA ルールの適用後の値が格納されます。ほとんどの場合、post 列を使用することをお勧めします。詳しくは 、データフィードFAQ (英語)を参照してください。
列名
列の説明
データタイプ
accept_language
イメージリクエストの Accept-Language HTTP ヘッダーで指定されている受け入れ可能なすべての言語のリスト。
char(20)
aemassetid
一連の Adobe Experience Manager Assets のアセット ID(GUID)に対応する複数値変数。インプレッションイベント数が増分されます。
text
aemassetsource
アセットイベントのソースを識別します。Adobe Experience Manager で使用されます。
varchar(255)
aemclickedassetid
Adobe Experience Manager アセットのアセット ID。クリックイベント数が増分されます。
varchar(255)
browser
ブラウザーの数値 ID。browser.tsv 参照テーブルを参照します。
int unsigned
browser_height
ブラウザーウィンドウの高さ(ピクセル単位)。
smallint unsigned
browser_width
ブラウザーウィンドウの幅(ピクセル単位)。
smallint unsigned
c_color
カラーパレットのビット深度。「色深度」ディメンションの計算の一環として使用されます。JavaScript 関数 screen.colorDepth() を使用します。
char(20)
campaign
「トラッキングコード」ディメンションで使用される変数。
varchar(255)
carrier
Adobe Advertising Cloud 統合変数。携帯電話会社を指定します。carrier 参照テーブルを参照します。
varchar(100)
channel
「サイトセクション」ディメンションで使用される変数。
varchar(100)
click_action
廃止。レガシー ClickMap ツール内でクリックされたリンクのアドレス。
varchar(100)
click_action_type
廃止。レガシー ClickMap ツールのリンクタイプ。
0:HREF URL
1:カスタムID
2:JavaScript onClick event
3:フォーム要素
tinyint unsigned
click_context
廃止。リンククリックが発生したページの名前。レガシー ClickMap ツールの一部。
varchar(255)
click_context_type
廃止。click_context の値がページ名であったかデフォルトのページ URL であったかを示します。
0:ページURL
1:ページ名
tinyint unsigned
click_sourceid
廃止。クリックされたリンクが配置されているページ上の場所の数値 ID。レガシー ClickMap ツールの一部。
int unsigned
click_tag
廃止。クリックされた HTML 要素のタイプ。
char(10)
clickmaplink
Activity mapリンク
varchar(255)
clickmaplinkbyregion
地域別のActivity mapリンク
varchar(255)
clickmappage
Activity mapページ
varchar(255)
clickmapregion
Activity map領域
varchar(255)
code_ver
イメージリクエストのコンパイルと送信に使用される AppMeasurement Library のバージョン。
char(16)
color
c_color 列の値に基づいた色深度 ID。color_depth.tsv 参照テーブルを参照します。
smallint unsigned
connection_type
接続タイプを表す数値 ID。「接続タイプ」ディメンションで使用される変数。connection_type.tsv 参照テーブルを参照します。
tinyint unsigned
cookie
「cookie サポート」ディメンションで使用される変数。
Y:
EnabledN:
DisabledU:不明
char(1)
country
ヒットの発生元となった国を表す数値 ID。アドビでは Digital Envoy 社との提携により、IP アドレスと国を対応させることができます。country.tsv 参照テーブルを使用します。
smallint unsigned
ct_connect_type
connection_type 列と関連しています。よく使用される値は LAN/Wi-Fi、Mobile Carrier、Modem です。
char(20)
curr_factor
通貨の小数点以下の桁数を指定します。通貨の変換に使用されます。例えば、USD では小数点以下 2 桁を使用するので、この列の値は 2 になります。
tinyint
curr_rate
トランザクションが発生した時点の為替レート。アドビでは XE 社との提携により、当日の為替レートを決定しています。
decimal(24,12)
currency
取引で使用された通貨のコード。
char(8)
cust_hit_time_gmt
タイムスタンプに対応するレポートスイートの場合のみ。ヒットと共に送信されたタイムスタンプ(UNIX 時間)。
int
cust_visid
カスタム訪問者 ID が設定されている場合は、それがこの列に格納されます。
varchar(255)
daily_visitor
ヒットが新しい日別訪問者であるかどうかを指定するフラグ。
tinyint unsigned
date_time
レポートスイートのタイムゾーンに基づいて判読可能な形式で表現されたヒットの時刻。
日時
domain
「ドメイン」ディメンションで使用される変数。ユーザーのインターネットサービスプロバイダー(ISP)に基づきます。
varchar(100)
duplicate_events
重複としてカウントされた各イベントを列挙します。
varchar(255)
duplicate_purchase
このヒットの購入イベントが重複しているので無視する必要があることを示すフラグ。
tinyint unsigned
duplicated_from
ヒットコピー VISTA ルールを含んだレポートスイートでのみ使用されます。ヒットのコピー元となったレポートスイートを示します。
varchar(40)
ef_id
Adobe Advertising Cloud 統合で使用される ef_id。
varchar(255)
evar1 ~ evar250
カスタム変数 1 ~ 250。eVar の使用方法は組織ごとに異なります。組織における各 eVar への値の設定方法について詳しくは、それぞれの組織に固有のソリューションデザインドキュメントを参照してください。
varchar(255)
event_list
ヒットで発生したイベントを表す数値 ID のコンマ区切りリスト。デフォルトイベントもカスタムイベント 1 ~ 1000 も含まれています。event.tsv 参照テーブルを使用します。
text
exclude_hit
ヒットがレポートから除外されていることを示すフラグ。visit_num列は、除外されたヒットに対しては増分されません。
1:未使用. 削除されたフィーチャの一部。
2:未使用. 削除されたフィーチャの一部。
3:使用されなくなりました。 ユーザーエージェントの除
外4:IPアドレス5に基づく除
外:重要なヒット情報がない。page_url、pagename、page_event、event_list
6など。JavaScriptがヒット
7を正しく処理しなかった:アカウント固有の除外(VISTAルール
8など):未使用。 代替のアカウント固有の除外。
9:未使用. 削除されたフィーチャの一部。
10:無効な通貨コード
11:タイムスタンプのみのレポートスイートでタイムスタンプがないヒット、またはタイムスタンプ以外のレポートスイート
12でタイムスタンプが含まれているヒット:未使用。 削除されたフィーチャの一部。
13:未使用. 削除されたフィーチャの一部。
14:Analyticsヒット
15と一致しないターゲットヒット:現在は使用されていません。
16:Analyticsヒットと一致しないAdvertising cloudヒット
tinyint unsigned
first_hit_page_url
訪問者の本当に最初の URL。
varchar(255)
first_hit_pagename
「オリジナルの入口ページ」ディメンションで使用される変数。訪問者のオリジナルの入口ページ名。
varchar(100)
first_hit_ref_domain
「オリジナルの参照ドメイン」ディメンションで使用される変数。first_hit_referrer に基づいています。訪問者の本当に最初の参照ドメイン。
varchar(100)
first_hit_ref_type
訪問者の本当に最初のリファラーのリファラータイプを表す数値 ID。referrer_type.tsv 参照テーブルを使用します。
tinyint unsigned
first_hit_referrer
訪問者の本当に最初の参照 URL。
varchar(255)
first_hit_time_gmt
訪問者の本当に最初のヒットのタイムスタンプ(UNIX 時間)。
int
geo_city
ヒットの発生元となった市区町村の名前(IP アドレスに基づく)。アドビでは Digital Envoy 社との提携により、IP アドレスと市区町村を対応させることができます。
char(32)
geo_country
ヒットの発生元となった国の略称(IP アドレスに基づく)。アドビでは Digital Envoy 社との提携により、IP アドレスと国を対応させることができます。
char(4)
geo_dma
ヒットの発生元となった人口分布地域の数値 ID(IP アドレスに基づく)。アドビでは Digital Envoy 社との提携により、IP アドレスと人口分布地域を対応させることができます。
int unsigned
geo_region
ヒットの発生元となった州または地域の名前(IP アドレスに基づく)。アドビでは Digital Envoy 社との提携により、IP アドレスと州または地域を対応させることができます。
char(32)
geo_zip
IPに基づく、ヒットの由来となった郵便番号。 アドビでは Digital Envoy 社との提携により、IP アドレスと郵便番号を対応させることができます。
varchar(16)
hier1 ~ hier5
階層変数で使用。値の区切りリストが格納されます。区切り文字は、レポートスイートの設定に基づいて選択されます。
varchar(255)
hit_source
ヒットの発生源を示します。
1:タイムスタンプのない標準イメージリクエ
スト2:タイムスタンプ
3の標準イメージリクエスト:タイムスタンプ
4を使用したライブデータソースのアップロード:未使用
5:汎用データソースアップロ
ード6:フル処理データソースのアップロ
ード7:TransactionIDデータソースのアップロ
ード8:使用されなくなりました。Adobe Advertising cloudの以前のバージョンのデータソ
ース9:使用されなくなりました。Adobe Socialサマリ指標
tinyint unsigned
hit_time_gmt
Unix時間に基づく、ヒットを受け取ったAdobeデータ収集サーバーのタイムスタンプ。
int
hitid_high
hitid_low と組み合わせて使用し、ヒットを一意に識別します。
bigint unsigned
hitid_low
hitid_high と組み合わせて使用し、ヒットを一意に識別します。
bigint unsigned
homepage
廃止。現在の URL がブラウザーのホームページかどうかを示します。
char(1)
hourly_visitor
ヒットが新しい時間別訪問者であるかどうかを指定するフラグ。
tinyint unsigned
ip
イメージリクエストの HTTP ヘッダーに基づく IP アドレス。
char(20)
ip2
未使用。IP アドレスに基づく VISTA ルールを含んだレポートスイートのバックエンド参照変数。
char(20)
j_jscript
ブラウザーでサポートされている JavaScript のバージョン。
char(5)
java_enabled
Java が有効かどうかを示すフラグ。
Y:有効
N:無効
U:不明
char(1)
javascript
JavaScript のバージョンの参照 ID(j_jscript に基づく)。参照テーブルを使用します。
tinyint unsigned
language
言語の数値 ID。languages.tsv 参照テーブルを使用します。
smallint unsigned
last_hit_time_gmt
前回のヒットのタイムスタンプ(UNIX 時間)。「前回訪問からの日数」ディメンションの計算に使用されます。
int
last_purchase_num
「顧客の忠誠度」ディメンションで使用される変数。訪問者がこれまでにおこなった購入の回数を示します。
0:事前購入なし(非顧客)
1:1つ前の購入(新規顧客)
2:前回購入回数2回(リターン顧客)
3:3回以上の事前購入(常連客)
int unsigned
last_purchase_time_gmt
「前回購入からの日数」ディメンションで使用されます。前回おこなった購入のタイムスタンプ(UNIX 時間)。初回の購入やこれまでに購入をおこなっていない訪問者の場合、この値は 0 になります。
int
latlon1
ロケーション (半径 10 km 以内)
varchar(255)
latlon23
ロケーション (半径 100 m 以内)
varchar(255)
latlon45
ロケーション (半径 1 m 以内)
varchar(255)
mc_audiences
訪問者が属している Audience Manager セグメント ID のリスト。
text
mcvisid
Experience Cloud 訪問者 ID.2 つの 64 ビット数値を連結して 19 桁にパディングした 128 ビット数値です。
varchar(255)
mobile_id
ユーザーがモバイルデバイスを使用している場合は、デバイスの数値ID。
int
mobileaction
モバイルアクション。Mobile ServicesでtrackActionが呼び出されたときに自動的に収集されます。 アプリ内で自動的にアクションを渡すことができるようにします。
varchar(100)
mobileappid
モバイルアプリ ID。アプリの名前とバージョンを次の形式で格納します。 AppName
varchar(255)
mobileappperformanceappid
Apteligentデータコネクタで使用されます。 Apteligentで使用されるアプリID。
varchar(255)
mobileappperformancecrashid
Apteligentデータコネクタで使用されます。 Apteligentで使用されるクラッシュID。
varchar(255)
mobileappstoreobjectid
Appfiguresデータコネクタで使用されます。 App StoreオブジェクトID
varchar(255)
mobilebeaconmajor
Mobile Servicesビーコンメジャー
varchar(100)
mobilebeaconminor
Mobile Servicesビーコンマイナー
varchar(100)
mobilebeaconproximity
Mobile Servicesビーコンの近接性
varchar(255)
mobilebeaconuuid
Mobile ServicesビーコンUUID
varchar(100)
mobilecampaigncontent
リンクを表示するコンテンツの名前または ID。モバイルアプリの獲得によって設定されます。
varchar(255)
mobilecampaignmedium
バナーや電子メールなどのマーケティングメディア。モバイルアプリの獲得によって設定されます。
varchar(255)
mobilecampaignname
キャンペーンの名前。キャンペーン変数にも格納されます。モバイルアプリケーションの獲得によって設定されます。
varchar(255)
mobilecampaignsource
ニュースレターやソーシャルメディアネットワークなどのオリジナルリファラー。モバイルアプリケーションの獲得によって設定されます。
varchar(255)
mobilecampaignterm
この獲得で追跡する有料検索キーワードやその他の語句。モバイルアプリケーションの獲得によって設定されます。
varchar(255)
mobiledayofweek
アプリが起動された曜日を表す数値。
varchar(255)
mobiledayssincefirstuse
アプリの初回実行時からの経過日数。
varchar(255)
mobiledayssincelastupgrade
コンテキストデータ変数a.DaysSinceLastUpgradeから収集されます。 前のセッションから経過した日数。
varchar(255)
mobiledayssincelastuse
アプリの前回実行時からの経過日数。
varchar(255)
mobiledeeplinkid
コンテキストデータ変数a. deeplink.idから収集されます。 ダウンロード計測用レポートで、モバイルダウンロード計測用リンクの識別子として使用されます。
varchar(255)
mobiledevice
モバイルデバイス名。iOS の場合は、コンマ区切りの 2 桁の文字列として格納されます。最初の番号はデバイスの世代を表し、2 番目の番号はデバイスファミリーを表します。
varchar(255)
mobilehourofday
アプリが起動された時刻を示します。24 時間形式に従います。
varchar(255)
mobileinstalldate
モバイルインストール日。モバイルアプリをユーザーが最初に起動した日を示します。
varchar(255)
mobilelaunchessincelastupgrade
コンテキストデータ変数a.LaunchesSinceUpgradeから収集されます。 前回のアップグレード以降の起動回数を報告します。
varchar(255)
mobilelaunchnumber
モバイルアプリが起動されるたびに 1 ずつ増分されます。
varchar(255)
mobileltv
廃止。trackLifetimeValue メソッドによって設定されます。
varchar(255)
mobilemessagebuttonname
コンテキストデータ変数a. message.button.idから収集されます。 メッセージを閉じたボタンを識別するために、アプリ内メッセージングに使用します。
varchar(100)
mobilemessageid
アプリ内メッセージID
varchar(255)
mobilemessageonline
アプリ内メッセージオンライン
varchar(255)
mobilemessagepushoptin
コンテキストデータ変数a.push.optinから収集されます。 ユーザーがプッシュメッセージをオプトインする場合は「true」に設定します。それ以外の場合、値は「false」です。
varchar(255)
mobilemessagepushpayloadid
コンテキストデータ変数a.push.payloadidから収集されます。 ペイロード識別子としてプッシュメッセージングで使用されます。
varchar(255)
mobileosenvironment
コンテキストデータ変数a.OSEnvironmentから収集されます。 AndroidやiOSなどのOS環境を状態にします。
varchar(255)
mobileosversion
Mobile Servicesオペレーティングシステムのバージョン
varchar(255)
mobileplaceaccuracy
コンテキストデータ変数a.loc.accから収集されます。 収集時のGPSの精度をメートル単位で示します。
varchar(255)
mobileplacecategory
コンテキストデータ変数a.loc.categoryから収集されます。 特定の場所のカテゴリを示します。
varchar(255)
mobileplaceid
コンテキストデータ変数a. loc.idから収集されます。 特定の目標地点の識別子。
varchar(255)
mobileraunchcampaigncontent
Mobile Servicesの起動コンテンツ
varchar(255)
mobilerlaunchcampaignmedium
Mobile Services起動媒体
varchar(255)
mobileraunchcampaignsource
Mobile Services起動ソース
varchar(255)
mobilerlaunchcampaignterm
Mobile Servicesの起動用語
varchar(255)
mobilerlaunchcampaigntrackingcode
コンテキストデータ変数a.launch.campaign.trackingcodeから収集されます。 獲得を開始キャンペーンのトラッキングコードとして使用します。
varchar(255)
mobileresolution
モバイルデバイスの解像度。幅 x 高さ(ピクセル単位)。
varchar(255)
monthly_visitor
当月の月別訪問者であることを示すフラグ。
tinyint unsigned
mvvar1 ~ mvvar3
リスト変数値。実装に応じて、カスタム値の区切りリストを格納します。
text
namespace
未使用。以前に廃止された機能の一部。
varchar(50)
new_visit
現在のヒットが新しい訪問であるかどうかを指定するフラグ。訪問がアクティブでなくなった 30 分後にアドビのサーバーによって設定されます。
tinyint unsigned
os
訪問者のオペレーティングシステムを表す数値 ID。user_agent 列に基づきます。os 参照テーブルを使用します。
int unsigned
p_plugins
廃止。ブラウザーで使用可能なプラグインのリスト。JavaScript 関数 navigator.plugins() を使用します。
text
page_event
イメージリクエストで送信されるヒットのタイプ(標準的なヒット、ダウンロードリンク、カスタムリンク、離脱リンク)。See Page event lookup .
tinyint unsigned
page_event_var1
リンクトラッキングイメージリクエストでのみ使用されます。クリックされたダウンロードリンク、離脱リンク、カスタムリンクの URL。
text
page_event_var2
リンクトラッキングイメージリクエストでのみ使用されます。リンクのカスタム名(指定された場合)。
varchar(100)
page_event_var3
廃止。調査モジュールやメディアモジュールのデータが格納されます。Adobe Analytics の以前のバージョンで設定されたレガシービデオレポート。
text
page_type
「エラーページ」ディメンションの設定に使用。404 エラーページにのみ使用されます。この変数の値は、空か「ErrorPage」である必要があります。
char(20)
page_url
ヒットの URL。リンクトラッキングイメージリクエストでは使用されません。
varchar(255)
pagename
「ページ」ディメンションの設定に使用されます。pagename 変数が空の場合、Analytics では代わりに page_url を使用します。
varchar(100)
paid_search
ヒットが有料検索の検出に一致した場合に設定されるフラグ。
tinyint unsigned
partner_plugins
未使用。以前に廃止された機能の一部。
varchar(255)
persistent_cookie
「永続的な cookie のサポート」ディメンションで使用されます。各ヒットの後で破棄されない Cookie を訪問者がサポートしているかどうかを示します。
char(1)
plugins
廃止。ブラウザー内で使用可能なプラグインに対応する数値 ID のリスト。plugins.tsv 参照テーブルを使用します。
varchar(180)
pointofinterest
Mobile Services目標地点名
varchar(255)
pointofinterestdistance
目標地点センターまでのMobile Servicesの距離
varchar(255)
post_ プレフィックスの付いた列
レポートで最終的に使用された値が格納されます。各 post 列には、サーバー側ロジック、処理ルール、VISTA ルールの適用後に値が格納されます。ほとんどの場合、post 列を使用することをお勧めします。
post 以外の各列を参照してください。
prev_page
未使用。前のページを表すアドビ独自の識別子。
int unsigned
product_list
製品変数を通じて渡される製品リスト。製品はコンマで区切られますが、個々の製品プロパティはセミコロンで区切られます。
text
product_merchandising
未使用。代わりに product_list を使用してください。
text
prop1 ~ prop75
カスタムトラフィック変数 1 ~ 75。
varchar(100)
purchaseid
購入の一意な識別子(s_purchaseID 変数を使用して設定)。duplicate_purchase 列で使用されます。
char(20)
quarterly_visitor
ヒットが新しい四半期別訪問者であるかどうかを指定するフラグ。
tinyint unsigned
ref_domain
referrer 列に基づきます。ヒットの参照ドメイン。
varchar(100)
ref_type
ヒットのリファラルのタイプを表す数値 ID。
1:サイト内
2:その他のWebサ
イト3:検索エン
ジン4:ハードドラ
イブ5:USENET
6:手動入力/ブックマーク(リファラーな
し) 7:電子メ
ール8:JavaScript
9なし:ソーシャルネットワーク
tinyint unsigned
referrer
前のページのページ URL。
varchar(255)
resolution
モニターの解像度を表す数値 ID。「画面の解像度」ディメンションの値を設定します。resolution.tsv 参照テーブルを使用します。
smallint unsigned
s_kwcid
Adobe Advertising cloud統合で使用されるキーワードID。
varchar(255)
s_resolution
画面解像度の生の値。JavaScript 関数 screen.width および screen.height を使用して収集されます。
char(20)
sampled_hit
廃止。以前 Ad Hoc Analysis でサンプリングに使用されていました。
char(1)
search_engine
サイトに訪問者を誘導した検索エンジンを表す数値 ID。search_engines.tsv 参照テーブルを使用します。
smallint unsigned
search_page_num
「すべての検索ページのランク」ディメンションで使用されます。ユーザーがサイトにクリックスルーする前にサイトが表示された検索結果ページを示します。
smallint unsigned
secondary_hit
二次的なヒットを追跡するフラグ。通常、ヒットをコピーするマルチスイートタギングおよび VISTA ルールで生じます。
tinyint unsigned
service
未使用。代わりに page_event を使用してください。
char(2)
socialaccountandappids
廃止。Social アカウントおよびアプリ ID
varchar(255)
socialassettrackingcode
廃止。Social キャンペーン変数
varchar(255)
socialauthor
廃止。Social 発言者変数
varchar(255)
socialcontentprovider
廃止。Social プラットフォーム/プロパティ
varchar(255)
socialinteractiontype
廃止。Social インタラクションタイプ
varchar(255)
sociallanguage
廃止。Social 言語
varchar(255)
sociallatlong
廃止。Social 緯度/経度
varchar(255)
socialowneddefinitioninsighttype
廃止。Social 所有定義インサイトの種類
varchar(255)
socialowneddefinitioninsightvalue
廃止。Social 所有定義インサイト値
varchar(255)
socialowneddefinitionmetric
廃止。Social 所有定義指標
varchar(255)
socialowneddefinitionpropertyvspost
廃止。Social 所有定義プロパティと投稿
varchar(255)
socialownedpostids
廃止。Social 所有投稿 ID
varchar(255)
socialownedpropertyid
廃止。Social 所有プロパティ ID
varchar(255)
socialownedpropertyname
廃止。Social 所有プロパティ名
varchar(255)
socialownedpropertypropertyvsapp
廃止。Social 所有プロパティとアプリ
varchar(255)
state
状態変数。
varchar(50)
stats_server
未使用。ヒットを処理したアドビの内部サーバー。
char(30)
t_time_info
訪問者の現地時刻。形式を次に示します。 M/D/YYYY HH:MM:SS Month (0-11, 0=1月)タイムゾーンのオフセット(分単位)
varchar(100)
tnt
Adobe Target 統合で使用されます。
text
tnt_action
Adobe Target 統合で使用されます。
text
tnt_post_vista
廃止。代わりに post_tnt を使用してください。
text
transactionid
データソースを使用して後から様々なデータポイントをアップロードするための一意の識別子。
text
truncated_hit
イメージリクエストが切り捨てられたことを示すフラグ。部分的なヒットを受信したことを示します。
Y:ヒットが切り捨てられました。部分的なヒットが
Nを受け取りました。ヒットが切り捨てられませんでした。全ヒットを受け取る
char(1)
ua_color
廃止。以前、色深度のフォールバックとして使用されていました。
char(20)
ua_os
廃止。以前、オペレーティングシステムのフォールバックとして使用されていました。
char(80)
ua_pixels
廃止。以前、ブラウザーの高さと幅のフォールバックとして使用されていました。
char(20)
user_agent
イメージリクエストの HTTP ヘッダーで送信されたユーザーエージェント文字列。
text
user_hash
未使用。レポートスイート ID のハッシュ。代わりに username を使用してください。
int unsigned
user_server
「サーバー」ディメンションで使用される変数。
varchar(100)
userid
未使用。レポートスイート ID の数値 ID。代わりに username を使用してください。
int unsigned
username
ヒットのレポートスイート ID。
char(40)
va_closer_detail
「ラストタッチの詳細」ディメンションで使用される変数。
varchar(255)
va_closer_id
「ラストタッチチャネル」ディメンションを識別する数値 ID。この ID の参照はマーケティングチャネルマネージャーにあります。
tinyint unsigned
va_finder_detail
「ファーストタッチの詳細」ディメンションで使用される変数。
varchar(255)
va_finder_id
「ファーストタッチチャネル」ディメンションを識別する数値 ID。この ID の参照はマーケティングチャネルマネージャーにあります。
tinyint unsigned
va_instance_event
マーケティングチャネルインスタンスを識別するフラグ。「マーケティングチャネルラストタッチインスタンス」指標で使用されます。
tinyint unsigned
va_new_engagement
マーケティングチャネルの新規エンゲージメントを識別するフラグ。「新規エンゲージメント」指標で使用されます。
tinyint unsigned
video
ビデオコンテンツ
varchar(255)
videoad
ビデオ広告名
varchar(255)
videoadinpod
ポッド位置のビデオ広告
varchar(255)
videoadlength
ビデオ広告の長さ
varchar(255)
videoadload
ビデオ広告の読み込み
varchar(255)
videoadname
ビデオ広告名
varchar(255)
videoadplayername
ビデオ広告プレイヤー名
varchar(255)
videoadpod
ビデオ広告ポッド
varchar(255)
videoadvertiser
ビデオ広告主
varchar(255)
videoaudioalbum
ビデオオーディオアルバム
varchar(255)
videoaudioartist
ビデオオーディオアーティスト
varchar(255)
videoaudioauthor
ビデオオーディオ作成者
varchar(255)
videoaudiolabel
ビデオオーディオラベル
varchar(255)
videoaudiopublisher
ビデオオーディオパブリッシャー
varchar(255)
videoaudiostation
ビデオオーディオステーション
varchar(255)
videocampaign
ビデオキャンペーン
varchar(255)
videochannel
ビデオチャネル
varchar(255)
videochapter
ビデオチャプター名
varchar(255)
videocontenttype
ビデオコンテンツタイプ。 すべてのビデオ視聴で、自動的に「ビデオ」に設定されます。
varchar(255)
videodaypart
ビデオ日分割
varchar(255)
videoepisode
ビデオエピソード
varchar(255)
videofeedtype
ビデオフィードのタイプ
varchar(255)
videogenre
ビデオジャンル
text
videolength
ビデオの長さ
varchar(255)
videomvpd
ビデオMVPD
varchar(255)
videoname
ビデオ名
varchar(255)
videonetwork
ビデオネットワーク
varchar(255)
videopath
ビデオパス
varchar(100)
videoplayername
ビデオプレイヤー名
varchar(255)
videoqoebitrateaverageevar
ビデオ画質平均ビットレート
varchar(255)
videoqoebitratechangecountevar
ビデオ画質変更回数
varchar(255)
videoqoebuffercountevar
ビデオ画質バッファ数
varchar(255)
videoqoebuffertimeevar
ビデオ画質のバッファー時間
varchar(255)
videoqoedroppedframecountevar
ビデオ画質ドロップフレーム数
varchar(255)
videoqoeerrorcountevar
ビデオ画質エラー数
varchar(255)
videoqoeexternalerrors
ビデオ画質の外部エラー
text
videoqoeplayersdkerrors
ビデオ画質SDKエラー
text
videoqoetimetostartevar
ビデオ画質開始時間
varchar(255)
videoseason
ビデオシーズン
varchar(255)
videosegment
ビデオセグメント
varchar(255)
videoshow
ビデオショー
varchar(255)
videoshowtype
ビデオショーのタイプ
varchar(255)
videostreamtype
ビデオストリームタイプ
varchar(255)
visid_high
visid_low と組み合わせて使用し、訪問を一意に識別します。
bigint unsigned
visid_low
visid_high と組み合わせて使用し、訪問を一意に識別します。
bigint unsigned
visid_new
新しく生成された訪問者 ID がヒットに含まれているかどうかを識別するフラグ。
char(1)
visid_timestamp
訪問者 ID が新しく生成された場合は、訪問者 ID が生成された時刻のタイムスタンプ(UNIX 時間)を示します。
int
visid_type
訪問者の識別に使用された方法を表す数値 ID。
0:カスタム
訪問者ID 1:IPおよびユーザーエージェントのフォールバ
ック2:HTTPモバイル加入者ヘッ
ダー3:従来のcookie値(s_vi)
4:フォールバックcookieの値(s_fid)
5:IDサービス
tinyint unsigned
visit_keywords
「検索キーワード」ディメンションで使用される変数。この列では、アドビが使用するバックエンドロジックに対応するために、標準以外の文字制限が使用されます。
varchar(244)
visit_num
「通算訪問回数」ディメンションで使用される変数。1 から始まり、訪問者ごとに新しい訪問が開始されるたびに増分されます。
int unsigned
visit_page_num
「ヒットの深さ」ディメンションで使用される変数。ユーザーがヒットを生成するたびに 1 ずつ増えます。訪問ごとにリセットされます。
int unsigned
visit_ref_domain
visit_referrer 列に基づきます。訪問の最初の参照ドメイン。
varchar(100)
visit_ref_type
訪問の最初のリファラーのリファラータイプを表す数値 ID。referrer_type.tsv 参照テーブルを使用します。
tinyint unsigned
visit_referrer
訪問の最初のリファラー。
varchar(255)
visit_search_engine
訪問の最初の検索エンジンを表す数値 ID。search_engines.tsv 参照テーブルを使用します。
smallint unsigned
visit_start_page_url
訪問の最初の URL。
varchar(255)
visit_start_pagename
訪問の最初のページ名。
varchar(100)
visit_start_time_gmt
訪問の最初のヒットのタイムスタンプ(UNIX 時間)。
int
weekly_visitor
ヒットが新しい週別訪問者であるかどうかを指定するフラグ。
tinyint unsigned
yearly_visitor
ヒットが新しい年別訪問者であるかどうかを指定するフラグ。
tinyint unsigned
郵便番号
「郵便番号」ディメンションの設定に使用されます。
varchar(50)

空の列

次の列のリストは未使用で、データが含まれていません。
  • mobileaccuptionclicks
  • mobileactioninapptime
  • mobileactiontotaltime
  • mobileappperformanceeffectedusers
  • mobileappperformanceappid .app-perf-app-name
  • mobileappperformanceappid .app-perf-platform
  • mobileappperformancecrashes
  • mobileappperformancecrashid 。app-perf-crash-name
  • mobileappperformanceloads
  • mobileappstoreavgrating
  • mobileappstoredownloads
  • mobileappstoreinapprevenue
  • mobileappstoreinapprovality
  • mobileappstoreobjectid .app-store-user
  • mobileappstoreobjectid .application-name
  • mobileappstoreobjectid .application-version
  • mobileappstoreobjectid .appstore-name
  • mobileappstoreobjectid .category-name
  • mobileappstoreobjectid .country-name
  • mobileappstoreobjectid .デバイス製造者
  • mobileappstoreobjectid .device-name
  • mobileappstoreobjectid .アプリ内名
  • mobileappstoreobjectid .platform-name-version
  • mobileappstoreobjectid .rank-category-type
  • mobileappstoreobjectid .region-name
  • mobileappstoreobjectid .review-comment
  • mobileappstoreobjectid .review-title
  • mobileappstoreoneoffrevenue
  • mobileappstoreoffroyalty
  • mobileappstorepurchases
  • mobileappstorerank
  • mobileappstorerankdivisor
  • mobileappstorerating
  • mobileappstoreratingdivisor
  • mobileavgprevsessionlength
  • mobilecrashes
  • mobilecrashrate
  • mobiledayengagedusers
  • mobiledeeplinkid .name
  • mobileinstalls
  • mobilelaunches
  • mobileltvtotal
  • mobilemessageclicks
  • mobilemessageid .dest
  • mobilemessageid .name
  • mobilemessageid .type
  • mobilemessageimpressions
  • mobilemessagepushpayloadid .name
  • mobilemessageviews
  • mobilemonthlyengedusers
  • mobileplacedwelltime
  • mobileplaceentry
  • mobileplaceexit
  • mobileprevsessionlength
  • mobileraunchcampaigntrackingcode .name
  • mobileupgrades
  • socialaveragesentiment
  • socialaveragesentiment(非推奨)
  • socialfbstories
  • socialfbstorytellers
  • socialinteractioncount
  • sociallikeadds
  • sociallink
  • sociallink(非推奨)
  • socialmentions
  • socialpageviews
  • socialpostviews
  • socialproperty
  • socialproperty(非推奨)
  • socialpubcomments
  • socialpubposts
  • socialpubrecommends
  • socialpubsubscribers
  • socialterm
  • socialtermslist
  • socialtermslist(非推奨)
  • socialtotalsentiment
  • sourceid
  • videoauthorized
  • videoaverageminuteaudience
  • videochaptercomplete
  • videochapterstart
  • videochaptertime
  • videopause
  • videopausecount
  • videopausetime
  • videoplay
  • videoprogress10
  • videoprogress25
  • videoprogress50
  • videoprogress75
  • videoprogress96
  • videoqoebitrateaverage
  • videoqoebitratechange
  • videoqoebuffer
  • videoqoedropbeforestart
  • videoqoedroppedframes
  • videoqoeerror
  • videoresume
  • videototaltime
  • videounquetimeplayed