Show Menu
トピック×

到着が遅れたヒット

履歴データは、データフィードジョブが特定の1時間または1日の処理を終了した後(タイムスタンプ付きのヒットやデータソースを通してなど)に到達する可能性があります。 到着が遅れたヒットは、データフィードにこのデータを含めるのに役立つように、アドビが提供するバックエンドのカスタマイズ設定です。

到着するヒットの遅延時間

データフィードは、通常、データを処理する場合、レポートウィンドウ内のデータ(通常は最新の1時間または1日)のみを調べます。 フィードがそのレポートウィンドウの処理を終了した後にデータを受け取った場合、そのデータはどのデータフィードにも含まれません。
到着が遅れたヒットを有効にすると、処理方法がこのデータを含むように変更されます。 データフィードは、データを処理するたびに、到着した遅延ヒットを調べ、FTPサイトに送信される次のデータフィードファイルにバッチ処理します。

到着が遅れたヒットの有効化

到着が遅れたヒットは、アドビが個々のデータフィードで手動で有効にすることができます。 その前に、次の点を考慮してください。
  • 到着が遅れたヒットが有効な場合、様々な日のデータがデータフィードに頻繁に表示されます。 データフィードの取り込みに使用するプラットフォームが、同じファイル内の異なる日のデータに対応できることを確認します。
  • 到着が遅れたヒットは処理時間を長くします。 通常、この遅延は1時間未満ですが、到着が遅れたヒットがレポートスイートで大量に受け取られる場合は、数時間以上かかる場合があります。 組織のワークフローにとって、データフィードがタイムリーに到着することが不可欠な場合は、この設定を有効にしないことをお勧めします。
  • データフィードファイルが再処理されると、元のファイルに含まれていた到着が遅れたヒットは再処理済みのファイルには含まれません。
既存の定期的なデータフィードで到着が遅れたヒットを有効にする場合は、サポート対象のユーザーがカスタマーケアに連絡し、次の情報を含めてください。
  • 特定のデータフィードに対して到着が遅れたヒットを有効にする場合の注意
  • レポートスイート ID
  • データフィード名