Show Menu
トピック×

Data Warehouse のベストプラクティス

Data Warehouse は、カスタムレポートを実行するための柔軟なインターフェイスを備えています。次に示すガイドラインに従うと、データの取得に要する時間を短縮できます。
ガイドライン
説明
Reports & Analytics でページビュー数、訪問回数、訪問者数およびその他の標準レポートを実行する
Data Warehouse レポートを作成する前に、目的の情報がレポートで既に使用できるかどうかを確認します。その場合、Reports & Analytics によって一般的な指標に対する処理が事前に実行されているので、レポートははるかに高速に配信されます。
リクエストしているデータの量を理解する
大きなレポートスイートの複数年レポートでは、含まれるデータが数十億行に達する可能性があります。このようなデータを処理し評価するには、数日から数週間かかる場合があります。レポートの使用方法を評価して、複数年データの一部が利用可能かどうか、またはレポートを複数のリクエストに分割できるかどうかを判断します。
レポート期間を精度に合わせる
精度をレポートするには追加の処理時間が必要になります。1 年間の月の精度をレポートする場合、月ごとにレポートリクエストを送信するとレポートプロセスがより高速に処理されます。
完了した日付範囲に対してレポートを実行する
Data Warehouse レポートは、リクエストされた日付範囲が完了したときに生成されます。例えば、現在の週のレポートを水曜日にリクエストした場合、レポートは次の週の日曜日にならないと生成されません。
Data Warehouse でパスレポートを生成する
Data Warehouse ではパス指標(入口、出口、バウンスなど)を使用できません。
仮想レポートスイート
仮想レポートスイートの Data Warehouse レポートは、仮想レポートスイートで設定された別のタイムゾーンをサポートします。