Show Menu
トピック×

分類

分類 FTP オプションは、複数のレポートスイートへのデータアップロード機能や、50,000 行を超えるデータセットのアップロード機能など、大規模な分類データセットを柔軟にアップロードできる機能を備えています。
FTP 経由で分類データをダウンロードしたり、データファイルをアップロードしたりする手順(FTP アカウントを作成する手順を含む)については、 分類 を参照してください。
システムでこれらのファイルを読み込むのに必要な時間は、多くの要素に応じて異なります。アップロードしたファイルが 6 時間経過しても FTP サーバー上に残っている場合は、組織のサポート対象ユーザーがアドビカスタマーケアに連絡してください。
読み込みが成功すると、書き出しには適切な変更が即時に反映されますが、Analytics のデータが変更されるには、ブラウザーによる読み込みの場合は最大 4 時間、FTP による読み込みの場合は最大 24 時間かかります。
FTP の制限およびデータ保持期間については、 FTP の制限とデータ保持期間 を参照してください。

分類およびデータソースのアップロードの .fin ファイルについて

分類またはデータソースファイル(.tab または .txt)をアップロードする際には、読み込むデータファイルと全く同じ名称で拡張子が .fin の空のファイルもアップロードする必要があります。この .fin ファイルは、完了通知ファイルです。このファイルは、データファイルが FTP アカウントに完全にアップロードされたことをシステムに通知します。.fin ファイルがアップロードされることで、お客様が読み込みデータのアップロードを完了したことをアドビで認識できます。このファイルが送信された後、アドビでは両方のファイルを FTP から削除し、読み込みの処理を開始します。ファイルの読み込み:Classifications.tab
ファイルの終了:Classifications.fin
データソースまたは分類ファイルをアップロードしても、.fin ファイルをアップロードしないと、処理用のキューに追加されません。ファイルは FTP に残ったままになり、Experience Cloud のデータに適用されません。Analytics の FTP アカウントを作成ウィンドウで、「通知受信者」として電子メールアドレスを入力している場合にのみ、これについての通知が送信されます。このフィールドに電子メールアドレスを入力していない場合、通知は送信されません。
ファイルをアップロードし、.fin ファイルをアップロードしたが、ファイルにエラーがある場合、ファイルは処理のために送信されますが、エラーによって処理が中止され、ファイルはエラーフォルダーに送信されます。この場合、FTP アカウントを作成ウィンドウで「通知受信者」フィールドに指定された電子メールアドレスに通知が送信されます。電子メールアドレスを入力していない場合、通知は送信されません。