Show Menu
トピック×

Adobe Experience Platform EdgeデータのAnalyticsでの使用

Adobe Experience Platform(AEP) Web SDK (Adobe Analytics)を使用して、データを送信できます。 これは、 Experience Data Model(XDM)をAnalyticsで使用される形式に変換することで機能し ます。
Analyticsは、次の2つの方法でXDMデータを収集します。
  • XDMスキーマからの自動マッピング
  • コンテキストデータへの手動マッピング

自動マッピング

自動マッピングは 、XDMのデフォルトの composition.html スキーマに依存しており、通常のAnalyticsデータ収集に含まれるJSONオブジェクトが自動的に入力されます。 XDMから設定したレポートスイートに自動的にマッピングされるAnalytics変数は、組み込むための開発者サポートは不要です。

手動マッピング

XDMデータをAnalyticsに手動でマッピングする場合は、 Analyticsのコンテキストデータ 変数が必要です。 これらの変数は、該当するスキーマに対応するJSONオブジェクトに配置されます。 通常、導入時に、開発チームがコンテキストデータを追加し、管理者が 処理ルールを設定して、そのデータを指定したレポートスイートに適用します

セットアップ

XDMデータを受け取るAnalyticsを設定するには:
  1. 該当するレポートスイートが目的のデータにマップされていることを確認します。 XDMデータは、Adobe Experience Platformから自動的にレポートスイートにフローされます。