Show Menu
トピック×

導入ロードマップ

新規ユーザー

Adobe Analytics を初めて利用する方は、 Adobe Analytics 使用の手引き を参考にして、最初の Analytics レポートスイート(データリポジトリ)をすばやく作成できます。その後、 Experience Platform Launch / を使用して Analytics コードをデプロイできます。

実装ロードマップ

手順 タスク 説明
実装方法の選択。
一般的な Analytics の実装方法は次のとおりです。
ID サービスをセットアップします。
(旧称: 訪問者 ID サービス )「 Analytics の ID サービスを設定する 」を参照してください。
選択した導入方法に沿ってページコードの更新とデプロイをおこないます。
Place the page code just after the opening <body> tag on each page you want to track. 以下の変数は必ず更新してください。
  • var s=s_gi("INSERT-RSID-HERE")
  • s.pageName="INSERT-NAME-HERE" // for example, s.pageName=document.title
Adobe Experience Cloud デバッガーを使用して、データが送信されることを確認します。
Experience Cloud デバッガーをインストールします。 インストールしたら、ページコードを導入したページを読み込み、デバッガーを開きます。デバッガーに、送信された収集データの詳細情報が表示されます。

詳細情報

Experience Platform Launch、Dynamic Tag Management、JavaScript の各メソッドの違いについて詳しくは、「 実装方法の選択 」を参照してください。
利用開始プロセスの概要と、最初の Analytics レポートスイートをすばやく設定するためのヘルプについては、Analytics 使用の手引きガイドの Analytics 実装の手引き を参照してください。