Show Menu
トピック×

Adobe Analytics の実装

アドビのデータ収集サーバーにデータを送信するには、サイトまたはアプリケーションにコードが必要です。次の手順は、一般的な実装の仕組みを示しています。
  1. 訪問者がサイトに訪問すると、Web サーバーへのリクエストが作成されます。
  2. サイトの Web サーバーは、ページコード情報を送信し、ページがブラウザーに表示されます。
  3. ページが読み込まれ、Analytics JavaScript コードが実行されます。JavaScript コードは、イメージリクエストをアドビデータ収集サーバーに送信します。実装で定義したページデータは、このイメージリクエストのクエリー文字列の一部として送信されます。
  4. アドビは、透明なピクセルイメージを返します。
  5. アドビのサーバーは、収集したデータを​ レポートスイート ​に保存します。
  6. レポートスイートデータは、Web ブラウザーでアクセスできるレポートに入力されます。
    JavaScript コードの実行は迅速におこなわれ、ページ読み込み時間には影響しません。この方法では、ページがキャッシュから取得された場合でも JavaScript コードが実行されるので、訪問者が「 Reload 」または「 Back 」をクリックして表示されたページをカウントできます。
Adobe Analytics では、データ収集サーバーにデータを送信するために、Web サイト、モバイルアプリケーションまたはその他のアプリケーション内のコードが必要です。プラットフォームや組織のニーズに応じて、このコードを実装する方法がいくつかあります。
  • Adobe Experience Platform Launch :Adobe Analytics を実装するための標準化されたお勧めの方法です。各ページにローダータグを配置し、Launch のインターフェイスを使用して、各変数の定義方法を決定します。
  • Dynamic Tag Management :Launch の前に使用されていた方法です。DTM は、似たようなインターフェイスを使用して Analytics を実装しますが、今後は更新されず、柔軟ではありません。アドビでは、Adobe Analytics の実装には Launch を使用することをお勧めします。
  • 従来の JavaScript :Adobe Analytics を実装するために古くから使用されている手動の方法です。実装で使用される変数および設定の概要を説明します。カスタムコードを含むルールを使用する Launch 実装で役立ちます。
  • モバイル SDK :モバイルアプリケーション内からアドビに簡単にデータを送信する専用ライブラリです。

その他の Analytics ユーザーガイド