Show Menu
トピック×

ライブラリ管理

Dynamic Tag Management の「ライブラリ管理」設定のフィールドおよびオプションの説明です。
*`Property`* ツールを編集 ライブラリ管理
1 つの Web プロパティで複数の Adobe Analytics ツールを使用する場合は、ツールごとに異なる名前のトラッカー変数を使用する必要があります。1 つの Web プロパティ内で使用する Adobe Analytics ツール間にオブジェクト変数名の重複があると、競合が発生します。
要素 説明
既存のページコードがある
Adobe Analytics のページコードが既にサイトに存在する場合、Dynamic Tag Management がコードをインストールするのを防ぎます。
この機能により、一から開始するのではなく、既存の実装に追加する形で Dynamic Tag Management を使用できます。このボックスをチェックする場合は、トラッカー変数名を適切に設定してください。
< ページ上部 または ページ下部 > でライブラリを読み込む
ページコードを読み込むタイミングと位置を指定します。何を選択する場合にも、Analytics ツールを使用するすべてのルールで同じ設定を選択する必要があります。
アドビが管理(推奨)
Dynamic Tag Management によるライブラリの管理を有効にします。
このオプションを選択すると、次のオプションを使用できるようになります。
ライブラリのバージョン: ライブラリのバージョン メニューから最新バージョンを選択します。新しいバージョンが提供されると Dynamic Tag Management からの通知が表示されます。また、必要に応じて前のバージョンに戻ることもできます。
カスタム
ライブラリコードを設定できます。
このオプションを選択すると、次のオプションを使用できるようになります。
次のカスタムコードを使用してレポートスイートを設定: このチェックボックスをオンにすると、Dynamic Tag Management によって、カスタムコードに含まれる s_account 変数を探します。この変数には、データの送信先となるレポートスイートのリストを、コンマ区切りで設定する必要があります。
ホストするコード: s_code をホストする方法を選択します。
  • DTM :Dynamic Tag Management 内で s_code をホストできます。「 コードを編集 」をクリックして、s_code(AppMeasurement)の内容を直接エディターに貼り付けます。
  • URL 指定 :適切な s_code ファイルが既に存在し、それを更新するプロセスに満足している場合、ここでそのファイルの URL を指定できます。Dynamic Tag Management は、 Adobe Analytics による計測のためにこの s_code ファイルをロードします。
エディターを開く: コア AppMeasurement コードを挿入 できます。「 Adobe Analytics 設定い 」で説明した自動設定メソッドを使用すると、このコードは自動生成されます。
トラッカー変数名: 2 つの Adobe Analytics インスタンスを並行して(1 つは Dynamic Tag Management で、もう 1 つはネイティブで)実行する場合に、メインの s オブジェクトの名前を変更できます。オブジェクト名を変更すると名前の競合を避けることができます。