Show Menu
トピック×

イベント型ルールの条件の作成

条件は、イベント型ルールがいつトリガーされるかを決定するものです。
  1. マウスクリック、フォームの送信など、追跡したい操作の種類を選択します。
    詳しくは、Adobe Tag Management 製品ドキュメントの イベントタイプ を参照してください。
  2. 必要に応じて、次のオプションを有効にします。
    要素
    説明
    リンクの有効化の遅延
    別のページに移動するリンクのクリック時に、処理に時間がかかるルールを実行する場合に有効にします。ページ移動など、クリック後に本来おこなわれるべき処理がスタートする前に待ち時間が発生するようになります。
    イベントハンドラーを要素に直接適用
    対象にした特定の要素にイベントハンドラーを適用します。この設定は、ブラウザーのバブリングおよびレイヤリング概念とも関連します。
    例えば、 <a href="abc.html"><img src="xyz.png"/></a> というアンカータグで囲まれた画像をクリックする場合、タグがバブリングの流れの上にあるので、クリックがアンカータグに関連付けられるように思えます。しかし、開発ツールでクリックを調査すると、クリックは、実際には <img> タグにのみ影響しているかもしれません。イベントが正しく処理されるようにするには、クリックを <img> タグに関連付け、親要素へのバブリングというブラウザー仕様への依存をさけるのが得策です。クリックのようなイベントは、潜在的に <body> にまでバブリングする可能性があります。ルールが正しく起動するようにするには、イベントが実際にバインドされている対象を理解し、具体的にイベント型ルールを設定することが重要です。
    バブリング ​とは、イベントが最も深い要素で最初にキャプチャおよび処理され、次に外側の要素に伝達されることを意味します。
  3. 追跡したいタグの名前と、さらに絞り込むための追加のプロパティを指定します。
    正しい要素タグの見つけ方については、Dynamic Tag Management 製品ドキュメントの CSS セレクターの使用 を参照してください。
  4. さらに条件を追加することもできます。
  5. イベントバブリングに関する優先順位を指定します。
    イベントバブリングは、HTML DOM でのイベント伝達の方法の 1 つです。
    目的
    チェックするオプション
    子要素の同じイベントでもルールを起動したい場合。
    子要素のイベントのバブリングを許可する。
    子要素で既に独自のイベントがトリガーされているので、バブリングを避けたい場合。
    子要素が既にイベントをトリガーしている場合、許可しない。
    明示的にイベントを指定し、親や子要素から切り離したい場合。
    イベントに親へのバブリングを許可しない。