Show Menu
トピック×

モバイルプロトコルネットワークゲートウェイ

モバイルデバイスが Web サーバーにページを要求する際、その要求はゲートウェイ経由で送信されます。そのとき、モバイルリクエスト(通常 WAP または i モードプロトコル)は、HTTP リクエストに変換されてから Web サーバーに送信されます。
モバイルデバイスが Web サーバーにページを要求する際、その要求はゲートウェイ経由で送信されます。そのとき、モバイルリクエスト(通常 WAP または i モードプロトコル)は、HTTP リクエストに変換されてから Web サーバーに送信されます。Web サーバーはゲートウェイに応答し、このゲートウェイがリクエストを電話に転送します。このゲートウェイは、標準的なプロキシサーバーと同様に動作します。ただし、ゲートウェイは、モバイルデバイスのユーザーエージェント文字列を Web サーバーに送信します。したがって、Web サーバーの応答では、ページを要求するデバイス専用に構築されたページを返すことができます。
WAP モバイルデバイスの画面サイズは非常に小さいので、通常のモバイル用ページにはテキスト情報とキャッシュイメージが 1 つしか含められません。ページにイメージタグを追加すると、各ページで Adobe サーバーからイメージを取得するためのリクエストが送信されます。イメージ(WBMP)を返す際、Adobe サーバーはブラウザーにそのイメージをキャッシュしないように指示します。したがって、以降のページでもイメージは再度要求されます。前述の乱数を使用して、アドビのキャッシュ禁止のディレクティブに従わないブラウザーから保護する必要があります。