Show Menu
トピック×

HTML イメージタグを使用した Analytics の実装

HTML イメージタグを使用した Analytics の実装(ハードコードされたイメージリクエスト)
導入後、ブラウザーからイメージリクエストが送信されます。データは、イメージリクエストのクエリ文字内にある変数として送信されます。包括的なデータ収集のために、JavaScript によって、ブラウザーレベルの変数とページレベルの変数が組み合わされます。場合によっては、完全にサーバーで作成されたイメージタグが適していることがあります。次の表に、JavaScript ベースの導入における標準的な要素を示します。
HTML コード HTML コードは、JavaScript 変数の値を設定する HTML ページ(またはテンプレート)に配置される JavaScript コードから構成されます。
JavaScript ライブラリ
このファイルには、以下を実行する共通のコードが含まれています。
  • 様々なプロパティを取得するためのクエリをブラウザーに対して実行します。このようなプロパティには、JavaScript のバージョン、OS のバージョン、使用されている画面のサイズと解像度、その他の変数などがあります。
  • すべての変数をエンコードし、1 つのイメージリクエスト(<img>)に連結します。このイメージリクエストによって、変数がデータ収集サーバーに転送されます。次に、読み込まれて実行されるJavaScriptライブラリファイルを参照します。
<noscript> タグ イメージリクエストの簡略化されたバージョンが、<noscript> タグ内に配置されます。このタグが実行されるのは、ユーザーが JavaScript を無効にしている場合、または JavaScript の機能がない場合です。導入のこの部分はオプションです。一般的には、インターネット人口の約 2 %に適用されます。
JavaScript は、サーバー側で取得できないブラウザー設定を検出できます。このような設定には、ブラウザーウィンドウの高さと幅、画面の解像度、Netscape プラグインなどがあります。イメージタグを作成するサーバーサイドの方法を使用しても、これらの変数を取り込むことはできません。JavaScript は、イメージリクエストに乱数を設定して、ブラウザーおよびプロキシサーバーのキャッシュに関する問題に対応します。これにより、すべてのページビューを正確に追跡できます。特定の状況では、以下に示すように、JavaScript ベースのコードよりもサーバーサイドのコードのほうが役立つ場合があります。
  • JavaScript の精度は非常に高いものです(98 ~ 100 %)。ただし、JavaScript が実行される前にユーザーが他のページへのリンクをすぐにクリックするような状況であっても、最大の精度を求められる場合があります。イメージタグを作成することで、サーバーサイドでは、精度のレベルが数パーセント高くなります。
  • 購入などのコンバージョンイベントをトラッキングする場合、精度が非常に重要になります。
  • この戦略を使用すると、 タグ内でイメージリクエストを完全に作成し、JavaScript を使用せずに、または JavaScript を無効化してユーザーをトラッキングすることもできます。
サーバー生成イメージタグを使用した場合、導入にさらに時間がかかり、デバッグ、デプロイ、メンテナンスがより難しくなります。アドビでは、可能であればすべてのページで JavaScript ベースのデータ収集を使用することを強く推奨します。サーバー生成イメージタグによる導入方法を使用した場合、訪問者クリックマップ、ダウンロードリンク、離脱リンク、ブラウザーベースの変数(ブラウザーの幅/高さなど)を含む様々なレポートや機能は収集されず、サポートされません。