Show Menu
トピック×

一般的なエラー

動的アカウントでの一般的なエラーについて、以降の節で説明します。

アカウントのハードコーディング

データを常に特定のレポートスイートに送信する場合は、s_dynamicAccountSelection を false に設定します(または、変数をまとめて削除することもできます)。
var s_account="defaultreportsuiteid" 
REMOVE: s.dynamicAccountSelection=true 
REMOVE: s.dynamicAccountList="devreportsuite1=qa.client.com;reportsuite1=client.com" 

上記の例では、他の 2 行を削除すると、defaultreportsuiteid が常に使用されます。

コードの配置

コード行の後に s_account を定義した場合は、以下のように、動的アカウント選択は上書きされません。
var s_account="defaultreportsuiteid" 
s.dynamicAccountSelection=true 
s.dynamicAccountList="devreportsuite1=qa.client.com;reportsuite1=client.com" 
s_account="anotherreportsuiteid" 

上記の例では、「anotherreportsuiteid」アカウントは「defaultreportsuiteid」よりは優先されますが、さらに s.dynamicAccountList で一致した項目の方が優先されます。s.dynamicAccountList を評価する関数は、実際にはかなり後で .JS ファイル内で実行されます。

マルチスイートタギング

マルチスイートタギングは、以下のように動的アカウント選択と組み合わせて使用できます。
s.dynamicAccountSelection=true 
s.dynamicAccountList="suiteid1,suiteid2=client.com" 

動的アカウント一致

動的アカウント一致に関する変数を引用符で囲まないでください。オプションは以下のとおりです。
ホスト名またはドメイン名
なし
クエリ文字列
s.dynamicAccountMatch=(window.location.search?window.location.search:"?")
ホストまたはドメインとパス
s.dynamicAccountMatch=window.location.host+window.lcation.pathname
パスとクエリ文字列
s.dynamicAccountMatch=window.location.pathname+(window.location.search?window.location.search""?")
完全修飾 URL
s.dynamicAccountMatch=window.location.href