Show Menu
トピック×

s.sa() 関数

s.sa() 関数を使用すると、ページ上のレポートスイートを、イメージリクエストが実行される前後いつでも動的に変更できます。
ページをリロードせずに、様々なレポートスイートにデータを送信したい場合は、この関数の使用を強く推奨します。
この情報は、レポートと導入の両方に精通している上級ユーザー向けです。結果に関する十分な知識のない場合は、導入に編集を加えないでください。導入を変更する必要がある場合は、社内のアカウントマネージャーにお問い合わせください。

関数のプロパティ

この関数の設定では、事前に定義されていた変数がすべて使用され、それらの変数を異なるレポートスイートで使用することができます。

実装例

1 つのレポートスイートにビデオデータを送り、別のレポートスイートにそれ以外のデータを送ります。
// Set in the core JS file by default 
var s=s_gi('prodrsid'); 
 
// Define this when a user interacts with a video 
s.sa('videorsid'); 
s.t(); // Sends an image request

s.sa() とマルチスイートタギングを使用します。
// Set in the core JS file by default 
var s=s_gi('rsid1'); 
 
// Call the function when you wish to change report suites 
s.sa('rsid1,rsid2'); 
s.t();