Show Menu
トピック×

s.t() 関数 - ページトラッキング

s.t() 関数は、対象のページに定義されているすべての変数をイメージリクエストにまとめて、Adobe サーバーに送信します。

関数のプロパティ

  • s.t() の呼び出しを削除すると、データが Analytics に送信されなくなります。複数の s.t() の呼び出しを使用すると、複数のイメージリクエストが実行されます(サイトでレポートされるトラフィックが 2 倍になります)。
  • 1 回のページ読み込みで複数のイメージリクエストを実行する場合は、s.tl() 関数を使用することを推奨します。
  • この関数をトリガーすると、常にページビュー数が増加し、s.pageName 変数が含まれます。

実装

コードマネージャー内でコードを生成すると、ページコードの末尾は次のようになります。
var s_code=s.t();if(s_code)document.write(s_code)//--></script> 
<script language="JavaScript" type="text/javascript"><!--if(navigator.appVersion.indexOf('MSIE')>=0)document.write(unescape('%3C')+'\!-'+'-')//--></script> 
<noscript><img src="https://yournameserver.112.2o7.net/b/ss/yourreportsuiteid/1/H.23.6--NS/0" height="1" width="1" border="0" alt="" /></noscript> 

コードの各行にはそれぞれ特定の目的があります。
var s_code=s.t();if(s_code)document.write(s_code)//-->

このコード行によって、JavaScript 関数が実行されます。s_code 変数とそれに続く document.write メソッドは、イメージオブジェクトをサポートしないブラウザー(バージョン 3 より前の Netscape ブラウザーおよびバージョン 4 より前の Internet Explorer。これらのブラウザーを使用しているのは、全インターネットユーザーの 0.5 %未満と推測されます)に対して実行されます。
<script language="JavaScript" type="text/javascript"><!--if(navigator.appVersion.indexOf('MSIE')>=0)document.write(unescape('%3C')+'\!-'+'-')//--></script> 
<noscript><img  
src="https://yournameserver.112.2o7.net/b/ss/yourreportsuiteid/1/H.23.6--NS/0" height="1" width="1" border="0" alt="" />

s.t() 関数に関するその他の質問については、貴社のアカウントマネージャーにお問い合わせください。アカウントマネージャーがアドビ導入コンサルタントとのミーティングを設定し、導入コンサルタントがサポートを行うことができます。