Show Menu
トピック×

s.charSet

通常 JavaScript ファイルで設定される charSet プロパティは、Analytics では着信データを UTF-8 に変換して Analytics で保存およびレポートを行うのに使用されます。
charSet プロパティの値は、たとえ構文がわずかに異なっていたとしても、META タグまたは http ヘッダーでの Web ページエンコーディングに一致する必要があります。META タグはエンコーディングにエイリアスを使用できますが、charSet の値は通称(または公式)のエンコーディング名を使用する必要があります。
次の表は、よく使用されるエンコーディングのいくつかをその通称とエイリアスで一覧表示したものです。
通称
エイリアス
ISO-8859-1
ISO_8859-1、CP819、latin1
ISO-8859-2
ISO_8859-2、latin2
ISO-8859-5
ISO_8859-5、cyrillic
Big5
Big-5
Shift_JIS
SJIS
エンコーディングやエイリアスは多数あるので、charSet の正しい値が上の表にない場合は、担当の導入コンサルタントまたはアドビのカスタマーケアに連絡してご確認ください。
あるサイトが別々のページで異なる Web エンコーディングを行っている場合、または単一の JavaScript ファイルを複数のサイトで使用している場合、charSet プロパティを JavaScript ファイルのデフォルト値に設定し、特定のページでは必要に応じてリセットしてデフォルトを無効にすることができます(例: s.charSet="UTF-8" または s.charSet="SJIS" )。
charSet パラメーターの空白でない値により、データは UTF-8 に変換されて保存されます。128~255 の範囲の文字は、適切な UTF-8 の 2 バイトシーケンスに変換されて保存されます。これらの文字は標準レポートスイートでは正しく表示されません。したがって、charSet プロパティは標準レポートスイートには絶対に使用しないでください。
同様に、charSet パラメーターの空白の値はデータ変換プロセスがスキップされ、128~255 の範囲の文字は 1 バイトとして保存されます。これらの文字の 1 バイトコードは有効な UTF-8 ではないので、これらの文字はマルチバイトレポートスイートでは正しく表示されません。したがって、charSet パラメーターは必ずマルチバイトレポートスイートで使用する必要があります。また、Web ページのエンコーディングに関しては適切な値を使用することが必要です。
charSet 変数の値を正しくセットしない場合、他のすべての変数で文字化けを起こすことがあります。ページ上の JavaScript 変数(例: pageName 、prop1、または channel )に ASCII 文字のみ含まれている場合は、 charSet を定義する必要はありません。ただし、ページ上の変数に ASCII 以外の文字が含まれている場合は、 charSet 変数を生成する必要があります。

パラメーター

最大サイズ
デバッガーパラメーター
入力されるレポート
デフォルト値
該当なし
CE
該当なし
""

構文と可能な値

s.charSet="character_set"

s.charSet="ISO-8859-1"

s.charSet="SJIS"