Show Menu
トピック×

s.registerPreTrackCallback と s.registerPostTrackCallback

これらの関数は、コールバック(関数)およびそのパラメーターをパラメーターとして取ります。次に例を示します。
s.registerPreTrackCallback(function(requestUrl,a,b,c) { 
    console.log("pre track callback"); 
    console.dir(requestUrl); // Request URL 
    console.dir(a); // param1 
    console.dir(b); // param2 
    console.dir(c); // param3 
}, "param1", "param2", "param3");

コールバックは、 requestUrl およびコールバックの登録時に渡されたパラメーターとともに呼び出されます。コールバックの登録に使用されたメソッドにより、この呼び出しはトラッキングコールの前または後に発生します。
これらのコールバックが呼び出される順序は保証されていません。トラッキングコール前フックで登録されるコールバックは、最終トラッキング URL の作成後に呼び出されます。トラッキングコール後フックのコールバックは、トラッキングコールの成功後に呼び出されます(トラッキングコールが失敗すると、コールバックは呼び出されません)。 registerPreTrackCallback で登録されたコールバックは、トラッキングコールには影響しません。また、登録されたコールバックでいずれかのトラッキングメソッドを呼び出すことは、無限ループの原因となるおそれがあるため、推奨されていません。