Show Menu
トピック×

クロスデバイス訪問者特定に関する FAQ

クロスデバイス訪問者特定に関するよくある質問です。
クロスデバイス訪問者特定とクロスデバイス分析の違いは何ですか。
クロスデバイス訪問者特定では、 visitorID 変数を使用してデバイスを結び付けますが、いくつかの大きな制限があります。この識別方法の最も大きな制限の 1 つは、デバイスが既に認識されていない限り、未認証のヒットが分離されることです。これらの未認証ヒットは、個別訪問者数を水増しする可能性があります。
クロスデバイス分析は、アドビの最新のクロスデバイス訪問者特定方法です。Experience Cloud ID サービスとデバイスグラフを使用して、異なるデバイスからの訪問を遡って縫い合わせます。CDA は、同じ訪問者が使用するデバイスを判断するために setCustomerIDs 関数を使用する必要があります。
クロスデバイス訪問者特定でセグメントはどのように処理されますか。
クロスデバイス訪問者特定では、セグメントを他の機能と同様に扱います。各ヒットを調べて、セグメント条件に一致するかどうかを確認し、一致する場合はそのヒットをデータに含めます。訪問および訪問者ベースのコンテナを使用するセグメントは、引き続き訪問者 ID を調べます。セグメント化のために個別訪問者を一貫して識別するには、可能な限り visitorID 変数を使用してください。