Show Menu
トピック×

Adobe Analytics ツールに関する FAQ

Adobe Analytics 導入の自動設定に関する FAQ です。自動設定の手法では、AppMeasurement コードを管理します。
質問 回答
DTM を介して Adobe Analytics を実装する場合、どこにプラグインを置いたらよいですか。
DTM を使用して手動で s_code をホストしている場合、通常の Adobe Analytics の実装と同じように、プラグインはホストされている s_code と同じエディターに追加できます。
ただし、ツール設定の「 ページコードをカスタマイズ 」セクション内のエディターにプラグインを配置するオプションも 1 つあります。どちらの実装方法も効果は同じです。
新しいバージョンのツールの設定を変更した場合、実稼動環境に発行する前にステージングでテストできますか。
はい。
実稼動環境に展開する前に通常おこなうのと同じように、すべての変更をステージングでテストすることができます。ステージングで問題が見つかったので発行しない選択をした場合は、引き続き実稼動用コードが、新しい統合のリリース前と同様に機能します。
手動設定(既存ツールのデフォルト設定)から自動設定に切り替えると、現在の設定は影響を受けますか。
いいえ。
手動のライブラリ管理から「アドビが管理」に切り替えると、現在の設定やコードは影響を受けますか。
既に指定しているユーザーコードが基本 AppMeasurement ライブラリによって上書きされます。このコードが引き続き実行されるように、コードをツール設定の最後にある新しい「 カスタムページコード 」セクションに移動する必要があります。この手法により、 AppMeasurement ライブラリをユーザーのカスタムコードとは別に管理(およびアップグレード)することができます。
新しい統合がリリースされても、 Adobe Analytics ツールの変更履歴は保持されますか。
はい。
設定情報については、 Adobe Analytics ツールの追加 を参照してください。

潜在的な問題

現在 Adobe Analytics を使用している場合、わずかですが、統合によってデータ収集に関する問題が発生する可能性があります。これらの問題の発生が予想される状況としては、リリース後の実稼動環境にライブラリを発行する場合が考えられます(実稼動用コードは発行が発生するまでそのままの状態で保持されます)。
これらの問題を回避するには、次の確認をおこないます。
  • ツールにレポートスイート ID が正しく入力されている。
  • ツールのレポートスイート ID が AppMeasurement コードの ID と一致している。
  • 通貨コード、文字セット、トラッキングサーバーおよび SSL トラッキングサーバーの設定フィールドに、サポートされている値が正しく設定されている。
  • カスタムコードは、Library Management で定義されます。