Show Menu
トピック×

Adobe Analytics の手動実装(レガシー)

Dynamic Tag Managementを使用した導入のために Adobe Analytics ツールを作成します。ここでは、手動(レガシー)導入について説明します。
自動導入の管理については、 Adobe Analytics ツールの追加 を参照してください。
手動設定を自動設定に変更する場合は、ツールを編集し、「 自動設定を有効にする 」をクリックします。
  1. Analytics 測定コードをダウンロードします:
    1. Analytics で、 管理者 Code Manager をクリックします。
    2. JavaScript(新規) 」をクリックして、コードをローカルにダウンロードします。
  2. Dynamic Tag Management で、 web プロパティを作成 します。
    Web プロパティを作成したら、ダッシュボードの「Web プロパティ」タブで編集できます。Web プロパティのアクティブ化は必要ありません。を参照してください。
  3. プロパティに Analytics ツールを追加します:
    1. Web プロパティ 」タブで、対象プロパティをクリックします。
    2. 概要 」タブで、「 ツールを追加 」をクリックします。
    3. ツールタイプ ​メニューで、「 Adobe Analytics 」を選択します。
    4. 次のフィールドを設定します。
      要素
      説明
      ツールタイプ
      Analytics、Target、Social などの Experience Cloud ソリューション。
      ツール名
      このツールの名前。この名前は、インストールされているツールの「概要」タブに表示されます。
      実稼動アカウント ID
      実稼動サイトのデータを計測するアカウントの数。Dynamic Tag Management は、実稼動およびステージング環境に適したアカウントを自動的にインストールします。
      ステージングアカウント ID
      開発またはテスト環境で使用されます。ステージングアカウントには、実稼動用データとは別個のテストデータが保持されます。
  4. ツールを作成 」をクリックします。
    インストールされたツールが「概要」タブに表示されます。
  5. コードを設定するには、「 設定 」()をクリックします。
    少なくとも、「 Cookie 」をクリックしてトラッキングサーバーおよび SSL トラッキングサーバーを設定します。
  6. 一般 コアの AppMeasurement コードの挿入 をクリックします。
  7. Analytics データを収集する ページ型ルール を定義します。
    これで、解析データを収集するためのルールを定義する準備ができました。最初にいくつかのデータ要素を定義するとよいでしょう。データ要素を使用すると、ページから抽出したデータをルールの設定に使用できます。最初はまず、各ページの Analytics データを収集するための条件を持たないページ型ルールを定義するとよいでしょう。
  8. ステージングでは、デフォルト設定のままでもよいでしょう。必要に応じて、実稼動サイトへ発行する前までに変更してください。
  9. (オプション)「オプション」タブの「 設定 」()をクリックして、Adobe Analytics コードを設定します。
    Adobe Analytics ページの設定(「一般」、「Cookies」など)は、 s_code の設定より優先されます。 s_code にこれらの設定が存在する場合、ここで繰り返す必要はありません。