Show Menu
トピック×

レガシーAdobe Experience cloudデバッガー

このデバッグツールはもはやメンテナンスされません。 代わりに、 Adobe Experience Cloud Debugger Chrome Extensionを使用することをお勧めします
レガシー デバッガーは 、ほとんどのAdobe Experience cloudサービスに対してタグを調べます。 デバッガーを使用すると、サイトの任意のページでアドビに送信されるデータを確認できます。 この情報を使用して、組織の導入のトラブルシューティングや検証を行うことができます。

レガシーデバッガのインストール

JavaScriptブックマークレットを作成してデバッガーをインストールします。

手順1:ブックマークレットコードのコピー

次のコードをクリップボードにコピーします。
javascript:void(window.open("","stats_debugger","width=800,height=800,location=0,menubar=0,status=1,toolbar=0,resizable=1,scrollbars=1").document.write("<script language=\"JavaScript\" id=dbg src=\"https://www.adobetag.com/d1/digitalpulsedebugger/live/DPD.js\"></"+"script>"+"<script language=\"JavaScript\">window.focus();</script>"));

手順2:ブックマークレットコードのブックマークへの貼り付け

ブックマークの処理方法はブラウザごとに異なりますが、概念は同じです。 目的の名前とブックマークレットコードをURLとして使用してブックマークが作成されます。

Chrome

chrome拡張機能を使用しないようにする場合は experience-cloud-debugger.html、レガシーデバッガーブックマークレットを代わりに使用できます。
  1. 右上の3つのドットをクリックし、ブックマーク/ブックマークマネージャーに移動します。 また、+ Ctrl + Shift (Windows)または O + Cmd + Shift (Mac)を押すこともで O きます。
  2. ブックマークマネージャーの右上で、3つのドットをクリックし、「新しいブックマークの追加」をクリックします。
  3. 「名前」フィールドで、「Adobe Experience Cloud Debugger」というラベルを付け、「URL」フィールドにコードスニペットを貼り付けます。
  4. ブックマークマネージャーを使用して、新しいブックマークレットを目的の場所に配置します。

Firefox

  1. 右上の3行をクリックし、ライブラリ/ブックマーク/すべてのブックマークを表示に移動します。 また、+ Ctrl + Shift (Windows)または B + Cmd + Shift (Mac)を押すこともで B きます。
  2. 整理/新しいブックマークをクリックします。
  3. 「名前」フィールドで、「Adobe Experience Cloud Debugger」というラベルを付け、「場所」フィールドにコードスニペットを貼り付けます。 「タグ」フィールドと「キーワード」フィールドは必須ではありません。
  4. ライブラリウィンドウを使用して、新しいブックマークレットを目的の場所に配置します。

Edge

Edgeにはブックマークレットを手動で作成する機能はありませんが、ブックマークURLは編集できます。
  1. 「URL」フィールドの右側にある星形のアイコンをクリックして、現在のページにブックマークを付けます。
  2. ブックマークに「Adobe Experience Cloud Debugger」という名前を付け、目的の場所に保存します。
  3. 線の付いた星形のアイコンをクリックして、お気に入りバーを開きます。
  4. 新しく作成したブックマークを右クリックし、「URLを編集」を選択します。
  5. テキストフィールドにコードスニペットを貼り付け、Enterキーを押します。

Safari

Safariではブックマークレットを手動で作成することはできませんが、ブックマークURLは編集できます。
  1. 右上の共有アイコンをクリックすると、ブックマークモーダルウィンドウが開きます。
  2. ブックマークに「Adobe Experience Cloud Debugger」という名前を付け、目的の場所に保存します。
  3. ブックマーク/ブックマークの編集をクリックし、新しく作成したブックマークを見つけます。
  4. 右クリックして、「アドレスを編集」を選択し、コードスニペットをテキストフィールドに貼り付けます。

レガシーデバッガーの使用

デバッガーを使用するには、サイト上の目的のページに移動し、ブックマークレットをクリックします。 アドビに送信されたデータを示すポップアップウィンドウが表示されます。
特定の広告ブロッキングプラグインやポップアップブロッカーが、デバッガーウィンドウの読み込みを妨げる可能性があります。 ブラウザーでブロックされたポップアップを確認し、デバッガーが正しく動作するようにポップアップを許可します。
デバッガには複数のオプションが用意されており、そのすべてでデータの表示方法をカスタマイズできます。 これらのオプションはデータ収集に影響を与えません。
  • Experience cloud製品の表示:各Experience cloud製品の画像リクエストの表示/非表示を切り替えます。
  • URLデコード:URLは、イメージ要求をデコードして、レポートに表示される内容に一致させます。 このチェックボックスはオンのままにすることをお勧めします。
  • 自動更新:数秒ごとにポップアップを自動的に更新し、ページ上で追加のイメージリクエストがないかどうかを確認します。 デバッガーでコンテンツをコピー/貼り付ける必要がある場合は、自動更新を無効にして、選択を維持します。
  • わかりやすい形式:イメージリクエストで役立つラベルと生のクエリ文字列の表示形式を切り替えます。 詳しくは、 データ収集クエリのパラメータ ーを参照してください。
デバッガーのデフォルトの表示オプションを保存するには、右上隅の「Adobe Debugger」リンクを右クリックし、リンクアドレスをコピーします。 現在のデバッガーのブックマークレットを編集し、更新したコードスニペットを「URL」フィールドに貼り付けます。