Show Menu
トピック×

一般的な構文エラー

正しいコードと、不正なコードエラーとの違いを表に示します。
誤った構文
正しい構文
prop1
s.prop1(「s.」を使用)
s.evar1
s.eVar1(大文字小文字を正しく使用)
s.pagetype='errorpage';
s.pageType='errorPage';(大文字小文字を正しく使用)
s.tl(this,o,pageA)
s.tl(this,'o','pageA');(一重引用符を正しく使用)
s.events='event1'; s.events='event2';
s.events='event1,event2';(正しい形式を使用)
s.pageName="John"(スマート引用符の使用がオン)
s.pageName="John"(スマート引用符の使用がオフ)
s.products="shoes,UX4879,1,19.99"
s.products="shoes;UX4879;1;19.99"(コンマではなくセミコロンを使用)
s.products=";MacBook Air;1;$1999.99"
s.products=";MacBook Air;1;1999.99"(ドル記号を使用しない)
s.products=";Nikon SB-600 Speedlight Flash for Nikon Digital SLR Cameras;1;229.9489183"
s.products=";Nikon SB-600 Speedlight Flash for Nikon Digital SLR Cameras;1;229.95"(長い表記の価格を丸めるか切り捨てる)
var s_account="rsid1, rsid2"
var s_account="rsid1,rsid2"(マルチスイートタギングをおこなう場合はレポートスイート ID 間にスペースを挿入しない)
s.events="event1, event2"
s.events="event1,event2"(マルチスイートタギングをおこなう場合はイベント ID 間にスペースを挿入しない)
s.products="product name"
s.products=";product name"(製品カテゴリを列挙しない場合はセミコロンを使用する)

追加情報

スクリプトで NOSCRIPT を使用する場合でも、HTML コメント終了は Adobe コードの最後に記述しておいてください。