Show Menu
トピック×

JavaScript ファイルの場所と並行処理

ページの最上部に JavaScript ライブラリファイルの呼び出しを配置すると、ダウンロードされる最初の要素にイメージが必ず含まれるようになります。
ほとんどの Web ブラウザーはイメージを同時にダウンロードします。通常、3 ~ 4 個のイメージを同時にダウンロードできます。
ほとんどの Web ブラウザーは要素を同時にダウンロードするので、一般的な多くのブラウザー(Internet Explorer など)のステータスバーでは、ブラウザーが読み込もうとしている要素が正しく反映されません。例えば、ステータスバーに、ブラウザーがイメージ 1 のダウンロードを待機していることがレポートされる場合があります。これに対して、ネットワークパケットテストでは、ブラウザーがイメージ 1 を既に受信し、現在はイメージ 2 を待機していることが示されます。
サードパーティのインターネットパフォーマンス監査プロバイダー(Keynote Systems など)はページのイメージ要素を同時ではなく順番にダウンロードするので、一般的なユーザーエクスペリエンスが再現されません。