Show Menu
トピック×

最適化の概要

Analytics の導入は、主に 3 つの手順にまとめることができます。
  1. HTML コードのスニペットを Web サイトの各ページ(またはページテンプレート)に貼り付けます。この HTML コードスニペットのサイズは非常に小さく(400 ~ 1,000 バイト)、データ収集プロセスを容易に実行するための JavaScript 変数とその他の識別子が含まれています。
  2. コードスニペットから、JavaScript ライブラリファイルを呼び出します。このファイルには、指標を収集する際に使用される Analytics 固有の JavaScript 関数が含まれています。Analytics コードが正しく導入された場合、通常は、ブラウザーで JavaScript ライブラリファイルの実行に要する時間は非常に短いです。
  3. ライブラリファイルから、アドビのデータ収集サーバーにイメージリクエストが送信されます。サーバーは送信されているデータを収集し、1 x 1 の透過イメージを訪問者のブラウザーに返します。この 3 番目の手順による、ページの合計ダウンロード時間の増加はわずかなものです。
お客様は、追加の手順を実行して、Analytics のオーバーヘッドを最小限に抑えることができます。