Show Menu
トピック×

offlineThrottleDelay

オフライン追跡は、Adobe Analyticsでデータを収集するオプションの方法です。 訪問者がインターネットから切断したが、引き続きサイトを閲覧した場合、デバイスがインターネットに再接続されるまで、ヒットはオフラインキューに保存されます。 オフライン追跡は、ほとんどの場合モバイルアプリケーションで使用されます。
デバイスがオンラインに戻ると、デバイスに保存されているすべてのヒットがアドビのデータ収集サーバーに送信されます。 キューに格納されたヒットの数が多いと、古いデバイスのパフォーマンスに影響を与える可能性があります。 この変数を使 offlineThrottleDelay 用して、キューに登録されたヒットがアドビに送信される頻度を指定します。

Adobe Experience Platform Launchでのオフラインスロットル遅延

この変数を使用する専用のフィールドが「起動」にありません。 AppMeasurement構文に従って、カスタムコードエディターを使用します。

AppMeasurementのs.offlineThrottleDelayとカスタムコードエディターの起動

この変 s.offlineThrottleDelay 数は、キューに格納されたヒットを送信する間にAppMeasurementが待機するミリ秒数を表す整数です。 デフォルト値はです。つまり、キ 0 ューに登録されているすべてのヒットが一度に送信されます。 が含まれ trackOffline ている場 false 合、この変数は何もしません。
s.offlineThrottleDelay = 500;