Show Menu
トピック×

registerPostTrackCallback

registerPostTrackCallback 変数を使用すると、ヒットが正常にアドビに送信された直後に実行する JavaScript 関数をフックできます。トラッキングコールが失敗した場合、この関数は実行されません。この変数を使用して、AppMeasurement によって収集されたデータをパートナーや社内インフラストラクチャに送信したり、単一ページのアプリケーションで変数の値をクリーンアップしたりできます。
変数内などのトラッキングコールを呼び出 t() さない tl() でくだ registerPostTrackCallback さい。 この変数で関数をトラッキングすると、イメージリクエストが無限ループになります。
registerPostTrackCallback 変数を呼び出すたびに、その関数をフックして、イメージリクエストが正常に送信された直後に実行します。同じページの読み込みで同じ関数を複数回登録しないでください。
registerPreTrackCallback registerPostTrackCallback の間に呼び出される関数のタイミングと順序は保証されません。この 2 つの関数間の依存関係を避けます。

Adobe Experience Platform Launch でのトラック後コールバックの登録

Launch にはこの変数を使用するための専用のフィールドはありません。AppMeasurement 構文に従って、カスタムコードエディターを使用します。

AppMeasurement および Launch カスタムコードエディターの s.registerPostTrackCallback

s.registerPostTrackCallback は、関数を唯一の引数として受け取る関数です。ネストされた関数は、イメージリクエストの送信直前に実行されます。
s.registerPostTrackCallback(function(){/* Desired code */});

コードでイメージリクエスト URL を使用する場合は、ネストされた関数内で requestUrl 文字列引数を参照します。 requestUrl 変数は、目的の用途に合わせて解析できます。この変数を調整しても、データ収集には影響しません。
s.registerPostTrackCallback(function(requestUrl){
  console.log(requestUrl); // Outputs the full image request URL
});

s.registerPostTrackCallback 関数には、次のような追加の引数を含めて、ネストされた関数で使用できます。
s.registerPostTrackCallback(function(requestUrl,a,b,c) {
    console.log(requestUrl); // Full image request URL
    console.log(a); // param1
    console.log(b); // param2
    console.log(c); // param3
}, "param1", "param2", "param3");

ユースケースの例

トラック後のコールバックに clearVars() 関数を登録すると、シングルページアプリケーションで役立ちます。ヒットがアドビに正常に送信されるたびに、 clearVars() 関数が実行されます。その後、誤って値が永続化されるのを気にすることなく、変数を再び定義できます。
s.registerPostTrackCallback(function(){s.clearVars();});