Show Menu
トピック×

sa

この方 sa() 法を使用すると、ページ上のレポートスイートをいつでも動的に変更できます。 ページを再読み込みせずに別のレポートスイートにデータを送信する場合は、この方法を使用できます。

Adobe Experience Platform Launchでのsaメソッドの使用

インターフェイス内のレポートスイートを柔軟に変更する方法はありません。 Adobe Analyticsの拡張機能を設定する際に、アコーデ Library Management ィオンの下にレポートスイートを設定できます。 ただし、ルールを使用してレポートスイートを変更または更新することはできません。 設定後にレポートスイートの値を更新する場合は、AppMeasurementの構文に従ってカスタムコードエディターを使用します。

s.sa()(AppMeasurementおよびカスタムコードエディターの起動)

メソッドを呼び s.sa() 出して、送信先レポートスイートを変更します。 唯一の引数は、レポートスイートIDを含む文字列、またはコンマで区切られた複数のレポートスイートIDです。 レポートスイートID引数は必須です。 文字列引数にはスペースを使用しないでください。
s.sa("examplersid");

ユーザがサイト上で特定のアクションを行った場合は、レポートスイートを変更できます。
// Instantiate the tracking object
var s = s_gi("examplersid");

// If the visitor plays a video, you can add a video report suite
s.sa("examplersid,videorsid");

// Then send an image request
s.t();