Show Menu
トピック×

t()

この方 t() 法は、Adobe Analyticsの重要なコアコンポーネントです。 ページで定義されたすべてのAnalytics変数を取得し、それらをイメージリクエストにコンパイルし、そのデータをAdobeデータ収集サーバーに送信します。
例えば、次のJavaScriptコードを考えてみましょう。
// Instantiate the tracking object
var s = s_gi("examplersid");

// Define config variables and page variables
s.trackingServerSecure = "data.example.com";
s.eVar1 = "Example dimension value";

// Compile the variables on the page into an image request to Adobe
s.t();

このメソッドを実 t() 行すると、定義されたすべてのAnalytics変数が使用され、これらの変数に基づいてURLが作成されます。 一部のAnalytics変数は画像のURLを決定し、他の変数はクエリ文字列パラメーターの値を決定します。
https://data.example.com/b/ss/examplersid/1/?v1=Example%20dimension%20value

アドビはイメージリクエストを受け取り、リクエストヘッダー、URLおよびクエリ文字列パラメーターを解析します。 次に、データ収集サーバーは、サイトに表示されない透過的な1 x 1ピクセルの画像を返します。

Adobe Experience Platform Launchのページビュートラッキングコール

「起動」には、ページビュートラッキングコールを設定する専用の場所があります。
  1. Log in to launch.adobe.com using your AdobeID credentials.
  2. 目的のプロパティをクリックします。
  3. タブに移動し、 Rules 目的のルールをクリックします(またはルールを作成します)。
  4. 下の「 Actions+」アイコンをクリックします。
  5. ドロップダウ Extension ンを「Adobe Analytics」に、「ビーコンの送 Action Type 信」に設定します。
  6. Click the s.t() radio button.

s.t()メソッド(AppMeasurementおよびカスタムコードエディターの起動)

アドビにトラ s.t() ッキングコールを送信する場合は、このメソッドを呼び出します。
s.t();

オプションで、変数の値を上書きする引数としてオブジェクトを使用できます。 詳しくは 、変数の上書き を参照してください。
var y = new Object();
y.eVar1 = "Override value";
s.t(y);

以前のバージョンのAppMeasurementでは、この関数を呼び出すために複数行のコードを使用していました。 この追加コードは、異なるブラウザーの回避策を従来どおり取り入れていました。 最新のブラウザーでの標準化とベストプラクティスでは、このコードブロックは不要になりました。 メソッド呼び出しのみが s.t() 必要になりました。