Show Menu
トピック×

events

ディメンションと指標は、レポートにとって重要な要素です。 この変 events 数は、サイト上の多くの指標のデータ収集を行います。

Adobe Experience Platform Launchのイベント

イベントは、Analytics拡張の設定時(グローバル変数)またはルールで設定できます。
  1. Log in to launch.adobe.com using your AdobeID credentials.
  2. 目的のプロパティをクリックします。
  3. タブに移動し、 Rules 目的のルールをクリックします(またはルールを作成します)。
  4. で、既 Actions存のアクションをク Adobe Analytics - Set Variables リックするか、「+」アイコンをクリックします。
  5. ドロップダウ Extension ンを「Adobe Analytics」に、を「に」に設 Action Type 定しま Set Variablesす。
  6. Locate the Events section.
次の機能が利用できます。
  • ドロップダウンで、含めるイベントを選択できます
  • シリアル化用のオプションのテキストフィールドです。 See event serialization for more information.
  • イベント値のオプションのテキストフィールドです。 通貨イベントには通貨を含めたり、通貨イベント以外のイベントには整数を含めて、通貨イベントを複数回増分することができます。 例えば、ドロップダウ event1 ンの下でを選択し、このフィー 10 ルドに含めると、レポートでは10 event1 ずつ増分されます。
  • 別のイベントを追加するボタン。 ヒットに含めることのできるイベント数には、妥当な制限はありません。

AppMeasurementのs.eventsとカスタムコードエディターの起動

変数 s.events は、ヒットに含めるイベントのコンマ区切りのリストを含む文字列です。 この変数にはバイト制限がないので、切り捨てられません。 有効な設定値は以下のとおりです。
  • event1 - event1000 :カスタムイベントを設定します。 組織のソリューションデザインドキュメントで各イベントの使用 方法を記録します 。 使用可能なイベントの数は、組織のAnalytics契約によって異なります。 レガシー契約以外の組織の多くは、1,000件のカスタムイベントを利用できます。 利用可能なカスタムイベントの数が不明な場合は、貴社のアカウントマネージャーにお問い合わせください。
  • purchase :「注文件数」指標を1ずつ増分し、変数に設定された値を使 products 用して「数量」と「売上高」を計算します。 詳しくは 、購入イベント を参照してください。
  • prodView :「製品表示回数」指標を増分します。
  • scOpen :「買い物かご」指標を増分します。
  • scAdd :「買い物かごへの追加」指標を増分します。
  • scRemove :「買い物かごからの削除数」指標を増分します。
  • scView :「買い物かご表示回数」指標を増分します。
  • scCheckout :「チェックアウト数」指標を増分します。
この変数では大文字と小文字が区別されます。 正確なデータ収集を行うために、イベント値の誤った大文字化を避けます。
// Set the events variable to a single value
s.events = "event1";

// Set the events variable to multiple values
s.events = "event1,event13,purchase";

カウンターイベントを複数回増分する

必要に応じて、複数回カスタムイベントをカウントできます。 文字列内の目的のイベントに整数を割り当てます。 レポートスイートの設定で作成されるイベントは、デフォルトでカウンターイベントです。
// Count event1 ten times
s.events = "event1=10";

// Count event1 twice and event2 once
s.events = "event1=2,event2";

カウンターイベントは、通貨または10進数値をサポートしません。 通貨イベントは通貨に使用し、数値イベントは10進数値に使用します。

通貨イベントの使用

整数の代わりに通貨を使用するようにカスタムイベントを変更できます。 通貨イベントは、レポートスイートの通貨と変数が一致しない場合、レポートスイートの通貨に自 currencyCode 動的に変換されます。 配送料、割引、返金の計算に役立ちます。 イベントをその製品のみに属 products 性設定する場合は、変数に通貨イベントを設定できます。
// Send $9.99 USD in event1 using the events variable. Make sure the event type for event1 is Currency in report suite settings
s.currencyCode = "USD";
s.events = "event1=9.99";

// Send $9.99 USD in event1 using the products variable. Make sure the event type for event1 is Currency in report suite settings
s.currencyCode = "USD";
s.events = "event1";
s.products = "Example category;Example product;1;0;event1=9.99";

変数と変数の両方に通貨値を設 events 定した場 products 合、の通貨値が使用さ events れます。 変数と変数の両方で通貨値を設定しな events いでく products ださい。

数値イベントの使用

整数の代わりに、10進数値を受け取るカスタムイベントを変更できます。 数値イベントは、通貨換算を使用しない点を除いて、通貨イベントと同様に動作します。 イベントをその製品のみに属 products 性付けする場合は、変数に数値イベントを設定できます。
// Send 4.5 in event1 using the events variable. Make sure the event type for event1 is Numeric in report suite settings
s.events = "event1=4.5";

// Send 4.5 in event1 using the products variable. Make sure the event type for event1 is Numeric in report suite settings
s.events = "event1";
s.products = "Example category;Example product;1;0;event1=4.5";

変数と変数の両方に数値を設 events 定した場 products 合、の数値が使用さ events れます。 変数と変数の両方で数値を設定しな events いでく products ださい。