Show Menu
トピック×

timestamp

timestamp 変数は、タイムスタンプが有効なレポートスイートのヒットのタイムスタンプを手動で設定します。
レポートスイートでタイムスタンプ付きのヒットを受け入れるように明示的に設定されていない場合は、この変数を使用しないでください。AppMeasurement は、タイムスタンプ付きのヒットをサポートしないレポートスイートのヒットの時間を自動的に設定します。この変数を含むヒットを、タイムスタンプをサポートしないレポートスイートに送信すると、そのデータは永久的に失われます。

Adobe Experience Platform Launch の timestamp

Launch にはこの変数を使用するための専用のフィールドはありません。AppMeasurement 構文に従って、カスタムコードエディターを使用します。

AppMeasurement および Launch カスタムコードエディターの s.timestamp

s.timestamp 変数は、ヒットの日時を含む文字列です。有効なタイムスタンプ形式は、 ISO 8601 Unix 時間 です。
// Timestamp using ISO 8601
s.timestamp = "2020-01-01T00:00:00Z";

// Timestamp using Unix timestamp
s.timestamp = "1577836800";

// Automatically get the current Unix timestamp
s.timestamp = Math.round(new Date().getTime()/1000);

// Automatically get the current ISO 8601 timestamp
s.timestamp = new Date().toISOString();

ISO 8601 値

ISO 8601 で表される日付と時間は、様々な形式を取ることができます。アドビは、ISO 8601 のすべての機能をサポートしているわけではありません。
  • 日付と時刻を T で区切り、両方を指定する必要があります。
  • 時間と分が必要です。秒はオプションですが、推奨されます。
  • 曜日と年間通算日はサポートされません。
  • 日付は標準形式と拡張形式のどちらでも指定できます。例えば、 2020-01-01T00:00:00Z 20200101T000000Z は両方とも有効です。
  • 分数の小数値と秒数は技術的に有効ですが、小数値はアドビでは無視されます。
  • タイムゾーンは、標準形式と拡張形式でサポートされています。
次に、 timestamp 変数内の有効な ISO 8601 値の例を示します。
2020-01-01T00:00:00+00:00
2020-01-01T00:00:00Z
2020-01-01T00:00:00
2020-01-01T00:00
20200101T000000+0000
20200101T000000Z
20200101T000000
20200101T0000