Show Menu
トピック×

プラグインの概要

プラグインは、Analyticsの導入に役立つ高度な機能を実行するコードのスニペットです。 これらのプラグインは、JavaScript ファイルの機能を拡張して、基本的な実装では利用できなかった機能を提供します。アドビは他にも多数のプラグインを高度なソリューションの一部として提供しています。
プラグインは、Adobe Analyticsからより多くの価値を引き出すのに役立つ、アドビコンサルティングによって提供されます。 アドビカスタマーケアは、インストールやトラブルシューティングを含む、これらのプラグインのサポートを行いません。 プラグインに関するヘルプが必要な場合は、組織のアカウントマネージャーにお問い合わせください。 担当コンサルタントとのミーティングを設定できます。
アドビでは、特定のプラグインをインストールする方法をいくつか提供しています。
  1. Adobe Experience Platform Launchを使用した「Common Analytics Plugins」拡張の使用
  2. カスタムコードエディターの起動を使用してプラグインコードを貼り付け
  3. ファイルにプラグインコードを貼り付けま AppMeasurement.js
各組織には異なる導入ニーズがあるので、導入に組み込む方法を決定できます。 サイトにコードを含める際は、次の条件を満たしていることを確認してください。
  1. 最初に、Analyticsトラッキングオブジェクトを(使用して s_gi )インスタンス化します。
    • Launchは、Adobe Analyticsが読み込まれると、トラッキングオブジェクトを自動的にインスタンス化します。
    • を使用した実装 AppMeasurement.js では、通常、JavaScriptファイルの先頭でトラッキングオブジェクトを初期化します。
  2. プラグインコードを含めます。
    • 「共通解析プラグイン」拡張には、プラグインを初期化できるアクション設定があります。
    • プラグインを使用しない場合は、Analytics拡張の設定時にカスタムコードエディターにプラグインコードを貼り付けることができます。
    • 導入で「起動」を使用しない場合は、トラッキングオブジェクトをインスタンス化した後で、任意の場所にプ AppMeasurement.js ラグインコードを貼り付けることができます。
  3. 3番目にプラグインを呼び出します。
    • Launchの内部と外部の両方のすべての実装で、JavaScriptを使用してプラグインを呼び出します。 プラグインのページに記載されている形式を使用してプラグインを呼び出します。
  4. 実装を検証し、発行します。
多くの組織では、この関数を使用してプラグインを呼び出 doPlugins します。 この機能は必須ではありませんが、アドビでは、この機能を使用するベストプラクティスと見なしています。 イメージリクエストをコンパイルして送信する直前にAppMeasurementがこの関数を呼び出します。これは、いくつかのプラグインが他のAnalytics変数に依存しているので理想的です。