Show Menu
トピック×

トランザクションIDデータソース

トランザクションIDデータソースを使用すると、オンラインとオフラインのデータを並べて表示するだけでなく、データを結び付けることができます。 Analytics実装で変数を使用す transactionID る必要があります。
値を含むオンラインヒットを送信すると、そ transactionID の時点で設定または持続するすべての変数の「スナップショット」が作成されます。 データソースからアップロードされた一致するトランザクションIDが見つかった場合、オフラインデータとオンラインデータが結び付けられます。 どのデータソースが最初に見られても問題ではありません。

トランザクションIDデータソースの全体的なワークフロー

トランザクションIDデータソースの使用を開始するには、次の汎用ワークフローを使用します。
  1. データソース(「汎用」カテゴリと「汎用データソース(トランザクションID)」タイプ)を作成します。
  2. データフィードの設定ウィザードに従って、データをアップロードするFTPの場所を取得し、データソーステンプレートファイルをダウンロードします。
  3. 変数を含めるように実装を更新 transactionID します。
  4. データソースファイルをファイルと共にFTPサイトにアップロード .fin します。

アップロードファイルと導入コードの例

次のデータソースファイルをアップロードし、サイトに次のコードを実装した場合、レポートにデータがリンクされていることがわかります。 データソースファイルではeVar1とevent1を使用し、オンライン実装ではeVar2とevent2を使用します。 トランザクションIDが一致するので、eVar1のevent2データとeVar2のevent1データを確認できます。

サンプルファイル

テンプレートをダウンロードし、値を更新して、データソースのFTPの場所にアップロードします。
#
Example eVar1 name
Example event 1 name
1
Date
Evar 1
Event 1
transactionID
01/01/2020/12/00/00
Example eVar1 value
1
1234

実装コードの例

トランザクションIDの詳細については、『導入ユーザガイド』 transactionID の「 」を参照してください。
var s = s_gi("examplersid");
s.eVar2 = "Example eVar2 value";
s.events = "event2";
s.transactionID = "1234";
s.t();