Show Menu
トピック×

データソースの概要

Adobe Analytics データソースを使用すると、追加のオンラインまたはオフラインデータをレポート用に手動で読み込むことができます。
オフラインデータを統合することによって、データソースを次のような情報の統合に活用できます。
  • 製品コスト
  • コールセンター情報
  • 製品戻り値
  • リード数
  • Web ログ
データを統合することにより、トランザクションを全体的に把握することができます。顧客がサイトでどのようなインタラクションを行うかを考えてみましょう。
  1. はじめは検索するか、別のドメインから参照する
  2. サイトを訪問し、閲覧して購入する
  3. 一部の訪問者は、商品を電話またはストア内で返品することがある
クリック前データ(サイト、インプレッション、コストなどにつながった検索の前の検索)も、「販売後の」情報(返却数、コールセンターデータ)も統合することができます。
データソースを使用すると、検索エンジンまたは広告ネットワークからプリクリックデータをインポートして、このデータを把握することができます。これにより、コストデータを取得し、売上高をコストで割って(売上高/コスト)、ROAS(広告費用対効果)を計算することができます。また、データソースを使用して「販売後の」データを確認し、売上返品高や返品数などの情報を得ることによって、より正確な ROAS を把握することができます。
トランザクション ID データソースについてオフラインデータをオンラインイベントと関連付けるには、トランザクション ID の記録がカスタマーケアによって有効にされている必要があります。詳しくは、 トランザクション ID の記録 を参照してください。
インポートしたデータソースのデータのほとんどが、Digital Marketing Suite 内で使用できます。