Show Menu
トピック×

要件とアップロードに関する制限

データソース使用前のレポートスイートに対する要件についての情報です。
以下の節では、データソース、およびマーケティングレポートにインポートするデータに適用される制約を示します。

サイズ制限

  • それぞれの FTP アカウントでは、全ファイルの合計データサイズが 50 MB に制限されます。データサイズが 50 MB を超えると処理が一時停止し、合計 50 MB 未満になるまで再開しません。

日付

  • カレンダーの日ごとに、90 日分までの一意の日付のデータをアップロードできます。この制限を超えた場合、固有の最大日数を超えたというエラーメッセージが表示されてアップロードに失敗します。
  • 現在または過去の日付があるデータのみをインポートできます。データソースのデータには未来の日付を使用しないでください。
  • レポートのグラフ機能を有効にするために、すべての行に日付を指定する必要があります。日付を含まない行がある場合、データソースでエラーが発生しファイルが拒否されます。日付および時刻のフォーマットは、データソースのタイプによって次のように異なります。
    • フル処理データソース ​では、 YYYY-MM-DDThh:mm:ss±UTC_offset という ISO 8601 の日付フォーマット(例: 2013-09-01T12:00:00-07:00 )、または Unix の時刻フォーマット(1970 年 1 月 1 日から経過した秒数)を使用します。
    • 標準および統合データソース ​では、 MM/DD/YYYY/HH/mm/SS の日付フォーマットを使用します(例: 01/01/2013/06/00/00 )。

一般

  • データソースファイルをアップロードすると、データソースによって基本的なデータ検証が実行され、ファイルにフォーマットエラーがないことが確認されます。ファイルにエラーが見つかった場合、電子メール通知が送信され、処理が停止します。
  • データフィールドにセミコロンを含めることはできません。セミコロンを含むレコードはスキップされます。
  • Web ログ、トラフィック、および一部の汎用データソースのグループは、Data Warehouse や Discover で使用できません。詳しくは、 データのタイプとカテゴリ を参照してください。
  • データソースは、シリアル化されたイベントをサポートしません。

2 バイト文字のサポート

データソースでは、2 バイト文字のエンコーディングがサポートされます。受信されるデータソースファイルのフォーマット検出が行われ、必要な場合、サポートされるフォーマットに変換します。次の表に、一般的な文字フォーマットとそのサポート状況を示します。
文字フォーマット サポート
UTF-8
サポート対象。データソースで使用されるレポートスイートでは、2 バイト文字のサポートを有効にする必要があります。
ヘルプの「 新しいレポートスイート 」を参照してください。
バイトオーダーマーク付きの UTF-8(EF BB BF)
サポート対象。このフォーマットは標準ではありませんが、多くの Windows アプリケーションでの保存時にこのフォーマットが使用されます。
例えば、ワードパッドで「UTF-8」を選択すると、このフォーマットで保存されます。
ISO-8859-1(Latin-1 または Windows-1252) サポート対象。Microsoft Excel で「タブ区切り」のエクスポートを選択すると、このフォーマットで保存されます。レポートスイートでは ISO-8859-1 のロケールを使用する必要があります。
バイトオーダーマーク付きの UTF-16 リトルエンディアン(FF FE) ISO-8859-1 または UTF-8(レポートスイートの設定による)に変換されます。Unicode のエクスポートを選択すると、Microsoft Excel ではこのフォーマットで保存されます。
バイトオーダーマーク付きの UTF-16 ビッグエンディアン(EF FF) ISO-8859-1 または UTF-8(レポートスイートの設定による)に変換されます。
バイトオーダーマークなしの UTF-16 サポート対象外。
UTF-8 または ISO-8859-1 のファイルを送信し、レポートスイートでこれらのサポートが設定されていない場合は、次のうちいずれかが発生します。
  • コンバージョン時にエラーが検出され、「UTF-8 から ISO-8859-1 への変換中、ファイル内の場所 18 に不正な文字が見つかりました」のようなメッセージが表示されます。
  • ファイルはエラーなしで処理されますが、レポートには文字化けしたデータが表示されます。

Web ログファイルのアップロード

  • Web ログデータの表示が最も有効なレポートは、ページビュー数などのトラフィックレポートです。
  • ページ名は、完全な URL として表示され、クエリ文字列を含みます。
  • それぞれのファイル要求は、個別のページビューとして表示され、スタイルシートや画像ファイルを含みます。
  • URL に情報を付加すると、ファイルが個別のページとして記録されることがあります。例えば、次の URL はマーケティングレポートで 2 つの個別のページとして記録されます。
/jokes/misc/snail_joke.html?userid=12345
/jokes/misc/snail_joke.html?userid=98765