Show Menu
トピック×

統合のアクティブ化

統合を設定するには、Adobe Data Connectors設定ウィザードを使用します。
  1. Data Connectorsを起 動し 、「 +新規追加」をクリック して新しい統合を追加します t_add_integration.html
  2. 「表示」リ ストで 「名前別 」を選択し、 Partner ~~ 統合を空のプラグインスロットにドラッグします。
  3. 次の表の情報を使用して、統合ウィザードを完了します。
フィールド
説明
レポートスイート
この統合からデータを受け取るレポートスイート。
統合名
レポートスイートのアクティブな統合リストにData Connectorsが表示する統合名を指定します。
アカウントID
AprimoアカウントIDを指定します。
Recipient ID
このIDは、Aprimoシステムからの電子メールアドレスをエンコードまたは数値で表します。 この「受信者ID」は、サイトの受信者ID(買い物かごの放棄、購入など)の下流の訪問者の行動に関連付けられます。アプリモシステムに取り込まれ、再マーケティングのために利用できます。
クリック済み
(必須)電子メールシステムからインポートした電子メールのクリックデータを保存するAdobe Analyticsイベントを指定します。 クリック済みイベントを使用すると、電子メールメッセージをクリックした訪問者の数を確認できます。
メッセージID
(必須)一意の郵送IDを保存します。
開封済み
(必須)電子メールシステムからインポートした電子メールの「開いた」データを保存するAdobe Analyticsイベントを指定します。 Openedイベントを使用すると、電子メールメッセージを開いた訪問者の数を確認できます。
Recipient ID
(必須)一意の訪問者IDを保存します。
送信済み
(必須)電子メールシステムからインポートした電子メール送信データを保存するAdobe Analyticsイベントを指定します。 送信イベントを使用すると、送信された電子メールメッセージの数を確認できます。
バウンス
(必須)電子メールシステムからインポートした電子メールの合計バウンスデータを保存するAdobe Analyticsイベントを指定します。 合計バウンスイベントを使用すると、配信の問題が原因で受信者に配信されなかった電子メールメッセージの数を確認できます。
登録解除
(必須)電子メールシステムからインポートした電子メールの登録解除データを保存するAdobe Analyticsイベントを指定します。 「購読解除」イベントを使用すると、電子メールメッセージを開いた訪問者の数を確認し、「購読解除」リンクをクリックして、組織からの今後の電子メールメッセージをオプトアウトできます。
セグメント
この統合により、「パートナーセグメント」セクションに表示されるパートナー定義のセグメントが作成されます。 また、統合に含める既存のレポートスイートレベルのセグメントを選択できます。
Access Requests
推奨されるアクセス権限を有効にします。
データ収集
この統 合の収集モデルとしてs_code.jsプラグインを使用する場合は、「JavaScriptプラグイン」を選択します。
この統 合に自動収集モデルを使用する場合は、「自動ソリューション 」を選択し、この統合に使用する一意の識別子を指定します。 このオプションを選択した場合は、この統合に使用する一意の識別子を指定します。
  • メッセージIDクエリ文字列パラメータ:この値は、電子メールパートナーがランディングページのURLに追加するメッセージIDを表します。
  • 受信者IDクエリ文字列パラメータ:この値は、電子メールパートナーがランディングページのURLに追加した受信者IDを表します。