Show Menu
トピック×

統合のデプロイ

この統合の展開は、以下の操作を必要とする簡単なプロセスです。

Adobe統合ウィザードの完了

Data Connectorsインターフェイスで統合ウィザードを完了する手順です。
  1. Adobe Experience cloud内のData Connectors(旧称Genesis)領域に移動します。
  2. ContactLab統合ウィザードを起動します。
  3. 目的のレポートスイートを選択し、統合の名前を指定します。
  4. 次の項目を設定します。
    項目
    説明
    電子メールアドレス
    主連絡先の電子メールアドレス
    説明
    (オプション)この統合設定の説明
  5. 次の「 Variable Mappings 」項目を設定します。
    項目
    説明
    リンク ID
    リンクIDをリアルタイムで収集するeVarを選択します。
    メッセージID
    メッセージIDをリアルタイムで収集するeVarを選択します。
    受信者 ID
    受信者IDをリアルタイムで収集するeVarを選択します。
    バウンス
    ContactLabから日別のバウンスを受け取る数値イベントを選択します。
    送信済み
    ContactLabから毎日の送信を受信する数値イベントを選択します。
    クリック済み
    ContactLabから日別合計クリック数を受け取る数値イベントを選択します。
    開封済み
    ContactLabから毎日の合計開封数を受け取る数値イベントを選択します。
    登録解除
    ContactLabから毎日購読解除を受け取る数値イベントを選択します。
  6. データアクセスを有効にし、データ収集を設定します。
    1. 必要に応じて分類の名前を変更します。
    2. パートナーセグメント は、統合に含まれる標準のリマーケティングセグメントです。
    3. 「セ グメント 」で、この統合に含めるカスタムセグメントを選択します。 管理パネルで、追加のカスタムセグメントを作成できます。
    4. 「アクセ ス要求」で 、製品情報を毎日の再マーケティングセグメントでContactLabにエクスポートできるようにするチェックボックスをオンにします。
    5. 必要に応じて計算指標の名前を変更します。
    6. IDを収集するかどうかは、Analyticsコレクションコードを手動で更新するか、自動化ソリューションを使用して設定します。 「 Automated Solution 」を選択した場合は、IDを渡すために電子メールリンクで使用するパラメーターを含める必要があります。
  7. すべての設定項目を確認し、「今すぐアクティブ化」 をクリックしま ​す。

統合の検証

Adobe Experience cloud内でContactLab統合設定を表示します。
  1. 統合アクティビティログを表示します。
    1. Adobe Experience cloudで、サポート/統合アクティビティ ログ 移動します
    2. 「分類データが正常にインポートさ れた」、「指標データが正常にインポートされ 」、「指標デ ータが正常にエクスポートされた 」などのエントリを探します 。 これらのエントリは、導入が成功した1日以内に表示されます。
  2. Adobe Analytics内でレポートデータを表示します。
    1. カスタムコンバ ージョン /カスタムコ ンバージョン1 ~ 10 /メッセージ IDレポートに移動します
    2. ContactLabレポートを探します。 このデータは、導入が成功してから24 ~ 48時間以内に表示されます。