Show Menu
トピック×

Adobe Analytics 用 Demandbase Data Connector

この Adobe® Data Connectors の統合は、Demandbase のリアルタイム ID サービスと Adobe Analytics の行動情報を組み合わせて、B2B 組織のために強力な分析、最適化とコンテンツパーソナライゼーションの機会を作り出します。
事前に決定された特性に基づいて、見込み客に合わせてコンテンツを提供すことで、より適格なリードを促してコンバージョン率を向上させます。特定の業界、会社規模、または特定の会社自体に関連するコンテンツを提供すれば、サイトでの結果に依存せずに、適切なメッセージを直接訪問者に届けることができます。これにより、バウンスが減少し、より健全で適格なコンバージョンファネルが増加します。

主なメリットと機能

メリットと機能の上位 5 つを示します。
  • 会社名、業種、売上高範囲など、8 つの標準 Demandbase 組織ディメンションに関するトラフィックおよびコンバージョンのレポートを提供します。
  • お好きな 8 つのオプション Demandbase ディメンションを追加できます。これには、アカウント監視ディメンションを含めることができます。
  • Demandbase ディメンションを使用して Adobe Experience Cloud 全体でセグメントを作成および適用する機能が含まれます。
  • レポートスイート変数の最適化を提供します。16 の可能な Demandbase ディメンションはすべて、2 つのカスタムコンバージョン変数(eVar)のみを使用して取得できます。
  • 特定のオーディエンスに対するターゲット設定に使用するために、統合 Demandbase ディメンションを Adobe Target に送信できます。

統合の前提条件

アドビおよび Demandbase のお客様向けの主な前提条件です。

アドビのお客様の前提条件

  • Adobe Analytics を現在ご利用中のお客様である。
  • Data Connectors を有効にする権限を持つ Adobe Experience Cloud 管理者ユーザーである。
  • レポートスイート内で 1 つ以上の eVar 変数が使用可能かつ有効になっている。2番目の eVar はオプションです。

Demandbase のお客様の前提条件

  • Demandbase を現在ご利用中のお客様である。
  • Analytics のライセンスを持つ有効な Demandbase API キーを持っている。
  • オプション: ​コンテンツのパーソナライゼーションのライセンスを持つ有効な Demandbase API キーが必要です。このキーは、Adobe Target 内で統合 Demandbase ディメンションをアクティブ化する場合にのみ必要です。