Show Menu
トピック×

統合のアクティブ化

統合を設定するには、Adobe Data Connectors設定ウィザードを使用します。
  1. Data Connectorsを起 動し 、「 +新規追加」をクリック して新しい統合を追加します t_add_integration.html
  2. 「表示」リ ストで 「名前別 」を選択し、 Partner ~~ 統合を空のプラグインスロットにドラッグします。
  3. 次の表の情報を使用して、統合ウィザードを完了します。
フィールド
説明
レポートスイート
この統合からデータを受け取るレポートスイート。
統合名
レポートスイートのアクティブな統合リストにData Connectorsが表示する統合名を指定します。
統合UUID
DreamMail統合UUIDを指定します。
クライアント名
DreamMailクライアント名を指定します。
サイト名
DreamMailサイト名を指定します。
バウンスバック
配信の問題が原因で受信者に配信されなかった電子メールメッセージの数です。
配信済み
成功したメッセージ配信の数。
配信エラー
失敗したメッセージ配信。
HTML Opens
電子メールメッセージを開いた訪問者の数。
無効
無効な電子メールアドレスの数。
キャンペーン
マーケティングキャンペーンID。
通る
クリック済みイベントを使用すると、電子メールメッセージをクリックした訪問者の数を確認できます。
Email eVar
DreamMailシステムからの電子メールアドレス。 この「電子メールeVar」は、サイト上でのダウンストリーム訪問者の行動(買い物かごの放棄、購入など)に関連付けられます。をDreamMailシステムに取り込み、再マーケティングの目的に利用できます。
スポットライトイベント
リマーケティングセグメントでエクスポートできるイベント。
購入のスポットライト
リマーケティングセグメントでエクスポートできるイベント。
スポットライト値
再マーケティングセグメントでエクスポートできる売上高イベント。
TotalClicks
クリック済みイベントを使用すると、電子メールメッセージをクリックした訪問者の数を確認できます。
セグメント
この統合により、「パートナーセグメント」セクションに表示されるパートナー定義のセグメントが作成されます。 また、統合に含める既存のレポートスイートレベルのセグメントを選択できます。
Access Requests
推奨されるアクセス権限を有効にします。
データ収集
この統 合の収集モデルとしてs_code.jsプラグインを使用する場合は、「 JavaScriptプラグイン」を選択します(を参照)。 この統 合に自動収集モデルを使用する場合は、「自動ソリューション 」を選択し、この統合に使用する一意の識別子を指定します。 このオプションを選択した場合は、この統合に使用する一意の識別子を指定します。
  • メッセージIDクエリ文字列パラメータ:この値は、電子メールパートナーがランディングページのURLに追加するメッセージIDを表します。
  • 受信者IDクエリ文字列パラメータ:この値は、電子メールパートナーがランディングページのURLに追加した受信者IDを表します。
ダッシュボードとブックマークの生成
統合用のダッシュボードとブックマークを自動生成します。