Show Menu
トピック×

統合のデプロイ

この統合のデプロイは、アドビの統合ウィザードの完了と統合の検証から成る簡単なプロセスです。

アドビ統合ウィザードの完了

Data Connectors インターフェイスで統合ウィザードを完了する手順です。
  1. Adobe Experience Cloud 内の Data Connectors(旧称 Genesis)領域に移動します。
  2. Dynamic Signal 統合ウィザードを起動します。
  3. 目的のレポートスイートを選択し、統合の名前を指定します。
  4. 次のフィールドを設定します。
    項目
    説明
    電子メールアドレス
    主要連絡先の電子メールアドレス。
    説明
    (オプション)この統合設定の説明。
    コミュニティ ID
    この ID は、Dynamic Signal の担当者から取得できます。
  5. 次の「 変数マッピング 」項目を設定します。
    項目
    説明
    トラッキングコード
    レポートスイートから使用可能な eVar 変数を選択します。
  6. この統合用に作成される分類を確認します。
  7. Dynamic Signal 統合ダッシュボードを作成する場合は、このチェックボックスをオンにします(オプションですが、強く推奨します)。
  8. すべての設定項目を確認し、「 今すぐアクティブ化 」をクリックします。
  9. 重要 :ウィザードを完了したら、Dynamic Signal の担当者に通知し、VoiceStorm プラットフォームで統合をアクティブ化できるようにする必要があります。

統合の確認

Adobe Experience Cloud 内で Dynamic Signal VoiceStorm 統合の設定を表示する手順
  1. 統合アクティビティログで Dynamic Signal 統合の設定を確認します。
    1. Adobe Experience Cloud で、 サポート 統合アクティビティログ ​に移動します。
    2. 分類データは正常にインポートされました 」などのエントリを探します。これらのエントリは、デプロイメントが成功してから 24 時間以内に表示されます。
  2. アドビ統合ウィザード(手順 7)で自動的に作成されたダッシュボードを使用して、Adobe Analytics 内で Dynamic Signal レポートを確認します。また、Adobe Analytics メニュー構造から Dynamic Signal レポートに移動することもできます。次のスクリーンショットを参照してください。
    注意 :このデータは、デプロイメントが成功してから 24 ~ 48 時間以内に表示されます。