Show Menu
トピック×

統合のデプロイ

この統合の展開は、Adobe統合ウィザードの完了、プラグインコード(javascript)の展開、統合の検証を行う簡単なプロセスです。

Adobe統合ウィザードの完了

統合をアクティブ化するには、Data Connectorsインターフェイス内の設定ウィザードを完了する必要があります。
  1. Adobe Experience cloudにログインします。
  2. Data Connectors (旧称Genesis)に移動します。
  3. Kampyle統合ウィザードを起動します。
  4. 目的のレポートスイートを選択し、統合の名前を指定します。
  5. 次の項目を設定します。
    1. 電子メールアドレス — 主連絡先の電子メールアドレス。
    2. 説明 — (オプション)この統合設定の説明。
    3. Kampyle Key — このキーは、Kampyleアプリケーションの「 Feedback Form / Feedback Form Customization 」で確認できます。
    4. トラッキングサーバー - Adobe Analyticsデータの追跡に使用するトラッキングサーバー(ドメイン)設定。
    5. トラッキングサーバーのセキュリティ — セキュリティで保護された/httpsトラフィックに対してトラッキングサーバーが異なる場合は、ここでその設定を指定します。
  6. 次の「 Variable Mappings 」項目を設定します。
    1. KampyleフィードバックID — レポートスイートから使用可能なeVar変数を選択します。
    2. フィードバックのグレード — レポートスイートから利用可能な成功イベント(「カウンター」と入力)を選択します。
    3. フィードバック項目 — レポートスイートから利用可能な成功イベント(「カウンター」と入力)を選択します。
    4. グレード付きのフィードバック — レポートスイートから利用可能な成功イベント(「カウンター」と入力)を選択します。
  7. Kampyle統合ダッシュボードを自動的に作成する場合は、このチェックボックスをオンにします(推奨)。
  8. すべての設定項目を確認し、「今すぐアクティブ化」 をクリックしま ​す。

統合設定オブジェクトのデプロイ

統合ウィザードを完了したら、統合設定オブジェクトをWebプロパティにデプロイする必要があります。
多くの場合、統合設定オブジェクトをデプロイする最も簡単な方法は、統合オブジェクトをAdobe Analyticsデプロイメントコードに含めることです。
Adobe tagManagerまたはDynamic Tag Managementを使用してAdobe Analyticsを導入する場合は、このツールを使用して統合設定オブジェクトを簡単に追加できます。
  1. 統合の Resources / Support (サポート)タブに移動します。
  2. Kampyle統合コード(JS) リソースをダウンロードして保存し ます。 コードは次のようになります。
    /* Kampyle:  Integration configuration settings */
      window.k_sc_param = { "version":1.1 }
    
    
  3. 次のいずれかの方法を使用してコードをデプロイします。 | Adobe tagManagerまたはDynamic Tag Managementを使用します。 | tag managementインターフェイスを使用してコードを追加します。 ||—|—||そ の他の場合 | Adobe Analytics導入コードの更新を担当する組織リソースにコードを配信します。 |

統合の検証

いくつかのチェックを完了して、統合がデータを正常に転送していることを検証します。

統合アクティビティログ

Adobe Experience cloud内でKampyle統合の設定を表示するには、サポート/統合アクティビティ ログ 移動します 。 「データの 場所 」タブに、分類データが正常にインポートされたことを示すエントリが表示されます。
ログエントリは、展開が正常に完了してから24時間以内に表示されます。

アドビのレポートデータ

KampyleフィードバックレポートをAdobe Analyticsで表示するには、適切なメニュー構造内でKampyleレポートに移動します。
統合フィードバックフォームが積極的に送信を受け取っていると仮定して、レポートデータは、導入が成功してから24 ~ 48時間以内に表示されます。