Show Menu
トピック×

統合のデプロイ

3段階の導入プロセスについて説明します。
この統合の展開は、以下の操作を必要とする簡単なプロセスです。

統合ウィザードの完了

統合ウィザードを使用する手順です。
統合をアクティブ化するには、Data Connectorsインターフェイス内でLyris統合ウィザードを完了する必要があります。
  1. Adobe Experience cloud内のData Connectors(旧称Genesis)領域に移動します。
  2. 「統合を 追加 」の「Lyris HQ」で、「アクティブ化」をクリッ**​クします**。
  3. 「一般 設定 」で、必要なレポートスイートを選択し、統合の名前を指定します。
  4. 「カスタム値」で、Lyrisアカウント関連の情報をすべて 入力します
  5. ドロップダウンメニューから適切な予約済みeVarおよびイベントを選択します。
  6. 自動化された3つのパートナーセグメントの他に 、「自分のセグメント」で自分のセグメントを選択できます。
  7. この統合では、Lyrisアカウントへのデータポイントのダウンロードが必要になる場合があります。 「アクセス要求」で、このアクセス権を付与するこ とができます
  8. 「デー タ収集 」では、自動化ソリューションまたは手動ソリューション(JavaScriptプラグイン)を選択して、ランディングページのURLからクエリ文字列パラメーターを収集できます。 自動ソリューションを選択する場合は、「メッセージID」と「受信者ID」にクエリ文字列パラメーターを入力します。 JavaScriptプラグインについては、アドビコンサルタントにお問い合わせください。
  9. Lyris Dashboardとブックマークを自動的に生成するように選択できます。
  10. 統合の概要を確認し、「アクティブ化」をクリ **ックしま**す。

Lyris emailLabs内の設定

ウィザードの完了後にLyris内で設定する内容を説明する手順。
  1. 統合ウィザードを完了したら、Lyris Professionalチームと協力して、Lyris HQアカウントとの統合を完了し、テストを容易に行う必要があります。
  2. URLクエリ文字列パラメーターの追加:URL付加文字列がユーザーインターフェイスの「組織設定」領域に正しく入力されていることを確認します。 キャンペーンレベルID(hq_m)と受信者レベルID(hq_v)を含める必要があります。
    文字列IDの例を次に示します。
    hq_lid=149&hq_m=96843&hq_l=23&hq_v=7703a51905
    
    
    Lyrisのネイティブ解析ツールを適用する場合は、「 Tracks 」をクリックして、追加する必要なすべての変数をタグ付けします。

統合の確認

Lyris/Adobe Analyticsの統合が成功したことを確認する手順です。
すべての導入手順が完了したら、統合が正常にデータを転送していることを検証できます。
データ交換が始まるまでに数日かかります。 統合をアクティブ化した後は、Lyrisにお問い合わせください。
  1. Data Connectors内のLyris統合に移動します。 「 Support 」タブ/** Integration Activity Logで、「**Data imported successfully **/or Classification data imported**successfully」などのイベントが表示されます。
  2. Lyrisのメッセージレポートを適切な指標で表示します。 Adobe Experience cloudで、「 Reports & Analytics」を選択します
  3. 適切なレポートスイートを選択します。
  4. 「カスタ ムコンバージョン 」で、「 Message ID Reports 」を選択し、「 Message ID/Message Name」を選択します

クエリー文字列パラメータープラグインコード

Adobe Analyticsで使用するLyrisプラグインコードを表示します。
以下のコードを使用する前に、必要なeVarをAdobe Analyticsの管理ツールで予約していることを確認してください。 予約したeVarを特定したら、eVarNを関連するeVarに置き換えます。 例:eVar10
/* 
  * Plugin: getQueryParam 2.3 
  */ 
s.getQueryParam=new Function("p","d","u","" 
+"var s=this,v='',i,t;d=d?d:'';u=u?u:(s.pageURL?s.pageURL:s.wd.locati" 
+"on);if(u=='f')u=s.gtfs().location;while(p){i=p.indexOf(',');i=i<0?p" 
+".length:i;t=s.p_gpv(p.substring(0,i),u+'');if(t){t=t.indexOf('#')>-" 
+"1?t.substring(0,t.indexOf('#')):t;}if(t)v+=v?d+t:t;p=p.substring(i=" 
+"=p.length?i:i+1)}return v"); 
s.p_gpv=new Function("k","u","" 
+"var s=this,v='',i=u.indexOf('?'),q;if(k&&i>-1){q=u.substring(i+1);v" 
+"=s.pt(q,'&','p_gvf',k)}return v"); 
s.p_gvf=new Function("t","k","" 
+"if(t){var s=this,i=t.indexOf('='),p=i<0?t:t.substring(0,i),v=i<0?'T" 
+"rue':t.substring(i+1);if(p.toLowerCase()==k.toLowerCase())return s." 
+"epa(v)}return ''"); 
 
/*in the s_doPlugins function - Replace N with actual eVar number*/ 
s.eVarN=s.getQueryParam("<insert Lyris QS Param>");  
//places query param value from Message ID in eVarN variable s.eVarN=s.getQueryParam("<insert Lyris QS Param>");  
//places query param value from Recepient ID in eVarN variable