Show Menu
トピック×

統合のデプロイ

この統合の導入は、簡単な3ステップのプロセスです。

統合ウィザードの完了

統合をアクティブ化するには、Data Connectorsインターフェイス内でSelligent統合ウィザードを完了する必要があります。
  1. Adobe Experience cloud内のData Connectors領域に移動します。
  2. 「統 合を追加 」で、SelligentプラグインをAdobe Experience cloudにドラッグ&ドロップします。
    これにより、Selligent Data Connectors統合が開きます。
  3. 統合設定 :目的のレポートスイートを選択し、「統合の設定」で統合の名前を指 定します
  4. 「カス タム値 」で、Selligentアカウント関連の情報をすべて入力します。
  5. 変数マッピング :ドロップダウンメニューから適切な予約済みeVarおよびイベントを選択します。
  6. データ設定 :自動化された3つのパートナーセグメントとは別に、 「自分のセグメント 」で自分のセグメントを選択 できます
  7. この統合では、Selligentアカウントへのデータポイントのダウンロードが必要になる場合があります。 「アクセス要求」で同じアクセス権を与えること もできます
  8. 「デー タ収集 」で、自動または手動のソリューション(JavaScriptプラグイン)を選択し、ランディングページのURLからクエリ文字列パラメーターを収集します。 自動化ソリューションを選択する場合は、メッセージIDと受信者IDのクエリ文字列パラメータをそれぞれMIDとRIDに入力します。 JavaScriptプラグインの場合は、アドビコンサルタントにお問い合わせください。
  9. レポート設定 :「ダッシ ュボードの生成 」で、Selligentダッシュボードを自動的に生成するチェックボックスをオンにします。
  10. 統合の概要を確認し、「アクティブ化」をクリ ックしま ​す。

Selligent内の設定

Adobe Analytics内で統合が有効になるとすぐに、Selligent側で自動設定が有効になります。
すべての電子メールを追跡するトラッカーが作成されました。 特定のドメインに制限する場合は、トラッカーの設定を更新してください。
URL内のAdobe Analyticsのトラッキングパラメーターを最前面に移動することを強くお勧めします。 これにより、Adobe処理ルールはランディングページのURLから確実にパラメーターを取得します。 以下に示すチェックボックスをオンにして、追跡を有効にします。

統合の確認

すべての導入手順が完了したら、統合が正常にデータを転送していることを検証できます。
データ交換が始まるまでに数日かかります。 統合をアクティブ化した後は、Selligentにお問い合わせください。

統合アクティビティログ

Data Connectors内のSelligent統合に移動します。 「サポート」 タブに 、「指標データのインポート」や「分類データのインポートに成功した」などのイベントが表示されます。

レポートデータ

適切な指標を使用してSelligentメッセージレポートを表示します。
  1. Adobe Experience cloudのReport & Analyticsに移動します。
  2. 適切なレポートスイートを選択します。
  3. 「カスタ ムコンバージョン 」で、「メ ッセージIDレポート 」を選択し、「メッセージ ID/メッセージ名」を選択します