Show Menu
トピック×

Analytics 統合変数

Silverpop 用 Data Connectors 統合は、Analytics 変数を使用してさまざまな Silverpop 指標を追跡します。
Silverpop 統合で使用するイベントと eVar を特定したら、Adobe Analytics Admin Console を使用してそれらを有効にします( レポートスイート を参照)。
次の表に、Silverpop 統合に必要な Analytics 変数を示します。

必須変数

変数の種類
名前
セット方法
説明
イベント(数値)
バウンス
Silverpop から自動的に読み込まれます。
バウンス数イベントを使用すると、配信の問題が原因で受信者に配信されなかった電子メールメッセージの数を確認できます。
イベント(数値)
クリック数
Silverpop から自動的に読み込まれます。
クリックイベントを使用すると、電子メールメッセージをクリックした訪問者の数を確認できます。
イベント(数値)
開封数
Silverpop から自動的に読み込まれます。
開封済みイベントを使用すると、電子メールメッセージを開封した訪問者の数を確認できます。
イベント(数値)
送信数
Silverpop から自動的に読み込まれます。
送信数イベントを使用すると、送信された電子メールメッセージの数を確認できます。
イベント(数値)
登録解除
Silverpop から自動的に読み込まれます。
登録解除イベントを使用すると、電子メールメッセージを開いた訪問者の数を確認できます。組織からの今後の電子メールメッセージをオプトアウトするには、登録解除リンクをクリックします。
eVar
Silverpop ID/訪問者 ID
自動収集方法または JavaScript プラグインを使用して、電子メールリンクのクエリパラメーターから収集されます。
個別訪問者 ID
eVar または s.campaign
郵送 ID
自動収集方法または JavaScript プラグインを使用して、電子メールリンクのクエリパラメーターから収集されます。
多くの場合、キャンペーン変数に格納されます。

オプションの変数

変数の種類
名前
セット方法
説明
イベント(カウンター)
ファイルのダウンロード
Analytics タグを使用して手動で収集されます。
このイベントは、サイトでファイルをダウンロードしたユーザーを特定するために使用されます。
イベント(カウンター)
フォーム開始
Analytics タグを使用して手動で収集されます。
フォーム開始は、フォームを開始したが完了していないユーザーを特定するために使用します。
イベント(カウンター)
フォーム完了
Analytics タグを使用して手動で収集されます。
フォーム完了は、フォームを開始したが完了していない訪問者を特定するために使用します。
eVar
電子メールアドレス
Analytics タグを使用して手動で収集されます。
電子メールアドレスは電子メールアドレスを収集する、登録ページ、ログインページ、またはその他のページで、電子メールアドレスを手動によって収集するためのものです。この変数は、電子メールの受信をオプトインしたけれど、電子メールをまだクリックしていない可能性のあるユーザーに対し、リマーケティングをおこなうために使用します。
eVar
ダウンロード済みファイル
Analytics タグを使用して手動で収集されます。
ダウンロード済みファイルは、訪問者がダウンロードしたファイルを特定します。
eVar
フォーム名
Analytics タグを使用して手動で収集されます。
フォーム名は、訪問者が破棄したフォームを特定します。