Show Menu
トピック×

Silverpop統合

Data Connectors統合ウィザードでは、Data Connectors統合プロセスの手順を実行します。
統合を設定するには:
  1. Adobe Experience cloudで、製品ドロップダウンリストから「Data Connectors™」を選択します。
  2. 「新規追 加」をクリックし 、「表示 」ドロップダウンリ ストで「名前別」を選択します。
  3. Silverpop Engage 2.0 (Silverpopソーシャル管理)アイコンを探し、Analyticsレポートスイートの空のプラグインスロットにドラッグして、Data Connectors統合ウィザードを起動します。
  4. Silverpop統合の概要ページで、テキストを確認し、チェックボックスを選択して統合に関連する料金を受け入れます。
  5. この統合に使用するレポートスイートを選択します。
  6. この統合を識別するわかりやすい名前を指定し、「この統合を作成 および設定」をクリックします
    このページには、統合の概要とその他の情報に関する便利なリンクがあります。この統合に関連するAdobeとSilverpopの両方の料金が発生します。 両方の組織の営業担当者に問い合わせて、料金体系を把握するようにしてください。
  7. 次の表に示すように、Data Connectors統合ウィザードの各ページで、必要な情報を指定します。
フィールド
設定セクション
説明
統合名
(1)統合設定
レポートスイートのアクティブな統合リストにData Connectorsが表示する統合名を指定します。
ファイルのダウンロード
(2)変数マッピング
ファイルダウンロードのリマーケティングで使用します。
Email Address
(2)変数マッピング
既知のSilverpop IDを持たない訪問者に対する再マーケティングに使用されます。
アカウントID
(2)変数マッピング
SilverpopアカウントID(Silverpopによって組織に割り当てられた一意の識別子)を指定し、「次へ 」をクリックしてウィザードの手順3に進みます。
フォーム名
(2)変数マッピング
フォームの中断再マーケティングで使用します。
郵送ID
(2)変数マッピング
(必須)
Silverpop ID
(2)変数マッピング
(必須)
バウンス
(2)変数マッピング
(必須)電子メールシステムからインポートした電子メールの合計バウンスデータを保存するAnalyticsイベントを指定します。
合計バウンスイベントを使用すると、配信の問題が原因で受信者に配信されなかった電子メールメッセージの数を確認できます。
クリック済み
(2)変数マッピング
(必須)電子メールシステムからインポートした電子メールのクリックデータを保存するAnalyticsイベントを指定します。
クリック済みイベントを使用すると、電子メールメッセージをクリックした訪問者の数を確認できます。
ファイルのダウンロード
(2)変数マッピング
ファイルダウンロードのリマーケティングで使用します。
フォーム完了
(2)変数マッピング
フォームの中断再マーケティングで使用します。
フォーム開始
(2)変数マッピング
フォームの中断再マーケティングで使用します。
開封済み
(2)変数マッピング
(必須)電子メールシステムからインポートした電子メールの「開いた」データを保存するAnalyticsイベントを指定します。
Openedイベントを使用すると、電子メールメッセージを開いた訪問者の数を確認できます。
送信済み
(2)変数マッピング
(必須)電子メールシステムからインポートした電子メール送信データを保存するAnalyticsイベントを指定します。
送信イベントを使用すると、送信された電子メールメッセージの数を確認できます。
登録解除
(2)変数マッピング
(必須)電子メールシステムからインポートした電子メールの登録解除データを保存するAnalyticsイベントを指定します。
「購読解除」イベントを使用すると、電子メールメッセージを開いた訪問者の数を確認し、「購読解除」リンクをクリックして、組織からの今後の電子メールメッセージをオプトアウトできます。
セグメント
(3)データ設定
この統合により、「パートナーセグメント」セクションに表示されるパートナー定義のセグメントが作成されます。
また、統合に含める既存のレポートスイートレベルのセグメントを選択できます。
Access Requests
(3)データ設定
(必須)「この統合で製 品データをダウンロードできるようにします
オプション:この統合で、売上高、注文件数、数量をダウンロードできます。
データ収集
(3)データ設定
s_code .jsプラグインをこの統合の収集モデルとして使用する場合は、「 JavaScriptプラグイン」を選択します( Analyticsプラグインコードを参照 )。
この統 合に自動収集モデルを使用する場合は、「自動ソリューション 」を選択し、この統合に使用する一意の識別子を指定します。
このオプションを選択した場合は、この統合に使用する一意の識別子を指定します。
メッセージIDクエリ文字列パラメ ーター:この値は、電子メールパートナーによってランディングページURLに追加されたメッセージIDを表します。
受信者IDクエリ文字列パラメータ:この値は、電子メールパートナーがランディングページのURLに追加する受信者IDを表します。
ダッシュボードとブックマークの生成
(4) [レポート設定]
統合用のダッシュボードとブックマークを自動生成します。