Show Menu
トピック×

Adobe Campaign レポート

この統合を設定する方法について詳しくは、 Adobe Campaign のドキュメント を参照してください。
Adobe Analytics と Adobe Campaign のこの統合により、
  • Adobe Campaign Standard の KPI(主要なパフォーマンスインジケーター)データを Adobe Analytics と共有できます。
  • Adobe Analytics のパラメーターにより、トラッキングの数式が拡張されます。
  • Analytics レポート Adobe Campaign で新しいレポートを追加できます。
  • 5 個の新しい Adobe Campaign 分類が追加されます。
  • 10 個の新しい Adobe Campaign 指標が追加されます。
  • 6 個の新しい Adobe Campaign ディメンションが追加されます。
  • 15 分ごとにデータが Analytics に同期されます。

手順 1. Adobe Campaign レポートを有効にする

Analytics で Campaign データを表示するには、最初に Campaign レポートを有効にする必要があります。
  1. Analytics 管理者 レポートスイート <select report suite> 設定を編集 Adobe Campaign Adobe Campaign レポート ​に移動します。
  2. Adobe Campaign レポートを有効化 」をクリックします。

手順 2:Adobe Campaign レポートを表示する

Adobe Campaign Standard と Adobe Analytics の統合により、 Analytics レポート ​に次のレポートが追加されます。
レポート 定義
Adobe Campaign 実行された配信 ID
Adobe Campaign から送信された電子メールに関する、Adobe Campaign から読み込まれたデータを表示します。

手順 3.Adobe Campaign 分類を使用する

Analytics 管理者 レポートスイート <select report suite> 設定を編集 Adobe Campaign Adobe Campaign 分類
Adobe Campaign に対してレポートスイートを有効にすると、次の分類を使用できます。
  • 配信 ID(Campaign 内で表示される内部配信名)
  • 配信ラベル(Campaign の配信 - 個別配信/定期的な配信/トランザクション配信)
  • キャンペーン ID(Campaign 内で表示される内部キャンペーン名)
  • キャンペーンラベル(Adobe Campaign のキャンペーン)
  • 実行された配信ラベル(個々の実行された配信のリスト)

Adobe Analytics で使用できる Adobe Campaign のディメンションおよび指標

Adobe Analytics レポートスイートで、次の Campaign の​ 指標 ​を使用できます。
  • Adobe Campaign 送信
  • Adobe Campaign 開封
  • Adobe Campaign クリック
  • Adobe Campaign 処理済み
  • Adobe Campaign 配信
  • Adobe Campaign ユニーク開封
  • Adobe Campaign ユニーククリック
  • Adobe Campaign 購読解除
  • Adobe Campaign バウンス数合計
  • Adobe Campaign 実行された配信 ID インスタンス
Adobe Analytics レポートスイートで、次の Campaign の​ ディメンション ​を使用できます。
ディメンション名
定義
キャンペーン ID
期間中に KPI が送信されたすべてのキャンペーンの ID
キャンペーンラベル
キャンペーン ID のラベル
配信 ID
期間中に KPI が送信されたすべての配信の ID。定期的な配信およびトランザクション配信のマスター配信の ID も含まれます。例:定期的な配信 DM1 がスケジュールされ、DM2、DM3、DM4 および DM5 が定期的な配信の子配信であるとします。配信 ID には、DM1~DM5 のすべての配信の結果が表示されます。
配信ラベル
配信 ID のラベル
実行済み配信 ID
実行された配信の ID のみ。定期的な配信およびトランザクション配信のマスター配信の ID は含まれません。例:定期的な配信 DM1 がスケジュールされ、DM2、DM3、DM4 および DM5 が定期的な配信の子配信であるとします。実行された配信 ID には、実際に実行された配信である DM2~DM5 のすべての配信の結果が表示されます。
実行された配信ラベル
実行された配信 ID のラベル